【中学受験】志望校判定テスト 渋谷で受験しました ②試験後

 

f:id:SpicyChai:20180711175106j:plain

6月24日に、渋谷教育学園渋谷中学校で受けた「志望校判定テスト」。

娘にとっては、初めての外部会場受験でした。

 

子供の試験中、私は前もって調べておいた場所で勉強していました。

家に戻って迎えに行くと、時間がもったいなかったので。

それに、「何かあったら駆けつけられる」という所にいたほうが、娘もちょっぴり安心かなと・・・

とは言っても、前述のとおり、頼りない母なのですが。

 

 会場まで送り届けた様子は、こちらに書きました。(↓)

www.spicy-chai.com

迎えに行く

子供の解散場所は、中庭のテニスコートでした。

(送って行った時、入り口で配られた紙に、試験時間や解散場所が印刷されていました。)

私がテニスコートに着いたのは、(最後の教科の)理科の試験終了時間数分前。

すでにたくさんの保護者が集まっていました。

そして、「まだかな、まだかな」と言いながら、子供が出てくるのを、そわそわして待っていたのです。

試験後、上の階の教室から降りてくるのに数分はかかるでしょうから、どう考えても、まだ出てこないはずなのに・・・

「(子供が来たら)ふたりで抱きしめる?」と相談しているお父さん・お母さんもいました。

まるで、留学から帰ってくる子供たちを、空港の到着ロビーで待っているかのようで。

またしても、そんな保護者たちの様子に、うれしくなりました。

 

後で娘に聞いたところ、試験を受けた席は、来た順番に誘導されて決められたそうです。

(受験番号や、普段通っている場所などには関係なく。)

そして、早く来た子たちの教室から順番に、解散場所に向かったようでした。

娘が出てくるよりも前に、3教室分の子供たちが帰ってきたということは・・・

早めに来ている子が、結構多かったようです。

試験後の子供の様子

普段は得意な国語ができなくて、娘はしょんぼり気味でした。

それなので、あまり試験のことには触れずに、楽しくおしゃべりをしながら帰ってきました。

そうしたら、家まであと50メートルぐらいの所で、娘が唐突に、

「ありがとう。ありがとうございます。」

と言い出しました。

いきなりの改まった様子に、一瞬「どうしたのか?!」と内心驚きつつ、

「あ、送り迎えのこと?」

と、こたえました。

お礼なんていいのに・・・と。

でも娘は、

「あと勉強とか・・・」(←家で勉強をみていることらしい。)

と言いました。

それを聞いて、少しほっとした私です。

今回の模試に向けて、普段よりも追い込んで勉強した1週間。

その後の、初めての外部受験で疲れているはずなのに・・・

しかも、帰宅は夕方になってしまい、全く休まないまま、翌日からまた学校と塾。

それなのに、「もうやだー!」とか「なんでこんなことしなきゃいけないのー!」とは感じていない、と分かったので。

娘は本当に、「勉強ができるようになりたいんだな」と思いました。

そして、今回の試験で「何か手ごたえを感じたのかも?」とも。

「家で勉強したから、以前よりも解けるようになった」とか・・・?

 

寝る前、娘はまた急に改まり、

「これからもよろしく。よろしくお願いします。よろしくお願いしますね。」

と繰り返しました。

意外なことだったので、また私はびっくり。😮

ただ・・・

この「よろしくね」発言は、

「(試験であんまりできなかったけど)見捨てないでねー」

との解釈もできるな、と思った私でした。

とにかく、今回の試験結果に関わらず、勉強への気持ちは、再度伝わってきました。

 

中学受験の勉強を通して、勉強全般に興味と意欲を持つようになった娘です。

(以前は面倒がっていた)苦手な分野にも前向きに取り組めるようになりました。

中学入学後もずっと、今の気持ちを持ち続けてほしいと思っています。