素敵なカマキリ図鑑

f:id:SpicyChai:20180414153541j:plain

うちには、カマキリが大好きな娘がいます。

でも本人によると、「カマキリ先生ほどじゃない」とのこと。

(カマキリ先生とは、「昆虫すごいぜ!」の香川照之氏。)

娘は、「あの服、着たくないから」とぼそり。

カマキリ先生監修の、カマキリ・スーツのことですね!

あれは、いくら着たくても絶対に着られないものなのにー!!😨

日本人カメラマンによる、世界のカマキリ図鑑

そんな娘に、こちらの本を買いました。(↓)

「世界のカマキリ観察図鑑」です。

海外の本みたいな、素敵な装丁。(西山克之氏デザイン)

中も、昆虫カメラマン・海野和男氏選りすぐりの写真が盛りだくさんです!

カマキリのポーズや目線など、1つ1つの写真に意味があることが伝わってきます。

(特にかわいいポーズは、93ページ!)

娘にとっては、生涯の宝となる本との出会いになりました。😊

私のおススメ

 私自身は、昆虫の「擬態」にひどく興味があります。

それなので、この本では特に、熱帯アジアの「カレエダ(枯れ枝)カマキリ科」の写真に惹かれました。

カレハ(枯れ葉)カマキリ、キノハダ(木の肌)カマキリ、エダ(枝)カマキリなど、他の擬態カマキリも載っていますが、やっぱり「カレエダカマキリ」が良いです!

体のしなり具合や、ささくれた様子が、凝っていて感嘆しました。

f:id:SpicyChai:20180414145255j:plain

こちらは、Pixabayにあったカマキリの画像。(↑)

エダカマキリでしょうか。

図鑑に載っている「カレエダカマキリ」の擬態は、これどころじゃありません。

美しいのは、「アヤメカマキリ科」!

羽の模様に見とれてしまいます。

ペナン・バタフライ・ファーム

 この図鑑に、「ペナン・バタフライ・ファーム」という施設のことが少しだけ載っていて、興味を持ちました。(51ページ)

たくさんのカマキリが飼育されている、ということなので・・・

長崎バイオパークのフラワードームや昆虫館には何回も行きましたが、カマキリはいませんから。

 そこで、マレーシアのペナン島にある「Penang Butterfly Farm」について、少し調べました。

(図鑑の文中では、Batterflyとなっています。)

 

公式HPによると、

1986年にオープン。

2014年から、リニューアル工事。

2016年、エントピアとして再オープン。

この「Entopia(エントピア)」というのは、「Entomological Utopia(昆虫ユートピア)」の略のようです。

蝶だけではなく、他の昆虫にも力が入っているようなのですが、カマキリに関しては情報がなく・・・

探していたら、こちらの記事を見つけました。(↓)

atelier-dwarf.hatenablog.com

(他の記事も読ませてもらったのですが、この方の写真も素敵です。)

いつか、娘を連れて行ってあげたいな、と思いました。

エントピアだけではなく、マレーシア自体が昆虫好きには魅力でしょうね。😊

 

下は、娘がささっと描いたカマキリのイラスト。

エダカマキリは、目のグルグル模様がかわいいらしい。 

f:id:SpicyChai:20180506115307j:plain

 

(娘とカマキリについては、こちらに書きました。↓ )

www.spicy-chai.com