【カマキリの育て方】 生まれたての赤ちゃん → 4週間経ちました

カマキリ_1496823898

昨年から、娘はカマキリの魅力にはまっています。

クラスの男の子たちが教室でカマキリを飼っていたので、自分も育てたいと思ったようです。

でも、探し回ったのは秋で、もうあまり見かけなくなった時期。

なんとか近所で見つけて、私が捕獲。それから、かなり長い期間、育てました。

そして今年の春

家のすぐ近くで見つけたカマキリの卵から、いつ出てくるかと、楽しみにしていました。

そして、先月の5月14日、娘が何気なく外を見ていた時に、小さい小さいカマキリを見つけたのです。

卵を入れていた飼育ケースから、抜け出した1匹でした。

前日の朝、ケースを見たときには、何も変化はなかったので、その後出てきたらしい。

1匹だけ空き瓶に残して、兄弟は卵を見つけた場所に逃がしました。

赤ちゃんカマキリを育てることは、娘の夢!

まるでミニチュア・フィギュアのように小さいカマキリは、確かにかわいらしい!!

でも、私としては、本当に育てられるのか、大変ではないのか、悩ましい問題でした。

この時のために、準備していたものとは...

『ぼくの わたしの こんちゅうえん』《(福音館書店) 小林俊樹(文)》という本です。

この本には、身近な虫の、詳しい「飼い方」が載っています。

カマキリに関しては、生まれたての幼虫の飼い方を、特に詳しく説明しているのです。

ショウジョウバエを集める容器と、カマキリを入れる容器の2段重ねの飼育ケースを手作りする、という内容。

2つの容器に開けた穴越しに、ショウジョウバエが出入りできるという仕組みです。

こ、これを、とうとうやるのかー!(逃げ道はない!)と、覚悟を決めた私。

娘とアイディアを出し合って、あれこれ相談しているうちに、コバエよりも小さい虫が3匹ぐらいつかまりました。

外出中に白い服に付いてくるような虫です。

そっと、カマキリの赤ちゃんの瓶に入れてみました。

上記の装置?を作るまでは、この方法でなんとか!と思いつつ。

うまくいかない?!

でもなんと、そのうちの1匹も食べないまま、1日が経ってしまいました。

こんな小さいハエも食べないとしたら、ショウジョウバエを集めても無理。

それは、虫に詳しい娘にも、よく分かっていることでした。

少しでも調子悪そうだったら、逃がす約束ではいましたが、このままだと、少しも飼えないのでは...

今まで、幾つかの種類の虫を育ててこれたのは、ちゃんと食べて、ふんをしているのを確認できたからです。

それが確実にできない、ほとんどの虫は、捕まえても逃がしてきました。

ちょっとしたヒントのおかげで!

赤ちゃんが出てきた日の翌日は、日能研の日(しかも理科のある日)でした。

理科の先生とカマキリについて話した娘が、興奮して帰ってきました。

先生は、「コバエよりももっと小さい、ダニぐらい小さい虫を食べるよ」と話していたそうです。

そうかー!!

さっそく娘と、雑草の生えている所に行き、クローバーを摘んできました。

クローバーの花の中には、かなり小さい虫がよく入っているので、食べられるんじゃないかな?と。

茎には、小さいアブラムシが付いていて、小さいカマキリには、ちょうど良さそうなサイズでした。

次の日、瓶の中のアブラムシが減っていて、カマキリの赤ちゃんも元気そうでした。

それから、アブラムシのよく付いているクローバーやノゲシを探して、瓶に入れるお世話を続け、最初1センチ程だった幼虫は、すくすく育ちました。

瓶の口は、ガーゼをかぶせ、髪ゴムでとめています。

そして、2日に1回程、そのガーゼの1部分に少しだけ水を付けています。

(成虫を飼っていたときにも、別の方法で水をあげていたので。)

しばらく「カマキリの赤ちゃん」と呼んでいましたが、いつのまにか娘は「いちごミルクちゃん」と名付けていました。

              ↓ 孵化後3週間の、いちごミルクちゃん

f:id:SpicyChai:20171130225346j:plain

今は4週間経ち、糸のように細かった体が、竹串ぐらいの太さになり、長さは、卵から出てきた時の3倍以上になりました。

******

(↓)素敵な写真盛りだくさん!の「カマキリ図鑑」についてはこちらです。

www.spicy-chai.com