【家庭学習】夏休み中、中学受験の勉強以外にしたこと ②チャレンジ・イングリッシュ

english_1510911902

日能研入塾前に、習い事はほとんどやめました。

1つだけ続けていたのは、ベネッセの「チャレンジイングリッシュ」です。

自宅のパソコンを利用してできる、英語のインターネット通信講座ですね。

2年前の夏、この講座ができたときから、受講させていました。

そして、今年の夏休みには、特に力を入れて取り組むことにしました。

受験には関係ない英語だけど! → Challenge English

読む・書く・話す・聞く・語彙・発音が、基礎から徐々に鍛えられる仕組みで、私自身、とても良い教材だと思っています。

でも、塾に通うようになってから、英語学習に使える時間が少なくなり...。

予想していたこととはいえ、もったいないと感じていました。

そこで、夏休み中は毎日取り組むことに!

1年に1度だけ受けられる、GTECという試験を、ちょうど8月に受けられることになっていたので、最後に試験を受けて、チャレンジイングリッシュを終了にしようかと。

取り組む時間は、朝起きてすぐ

朝食前の朝1番に、パソコンに向かうことにしました。

他の予定に押されて、「できないまま1日が終わってしまった...」ということが無いように。

そのため、7月初めから続けている「朝の基礎勉強」は、朝食後にすることにしました。

英語を始めたきっかけ → 結果

もともと英語は、中学校の授業から学び始めるのでよい、という考えでいました。

海外に引っ越す予定も無いので、必要ありませんから。

それなので、子供が小さい頃は、NHKの「英語であそぼ」を一緒に楽しく見る程度。

でも2年前に、娘が興味を示し、英語を学びたいというので、ちょうど始まるという「チャレンジイングリッシュ」の受講を決めたのでした。

(↑ 娘がやりたい最新のゲームなどは、すべて英語表記だからだと思います。😨 )

チャレンジイングリッシュを2年間受講し、どれぐらい身に付いたかは分かりませんが、英語に対する子供なりの概念ができたのではないかと思っています。

早いうちの方が身に付きやすいこと

あと、「聞き取り」と「発音」に関しては、年齢が低いうちの方が、無理なく習得できるので、この時期にできたのは良かったと感じています。

夏休み中には、「LとRの聞き分け」という特別コーナーができ、娘は、達人レベルの1000点越えになりました。

「lead」と「read」など、LとRだけで区別する単語の聞き分けを、制限時間内に幾つできるか、というミッション。

始めに聞こえてくる単語(音声)と同じ単語(音声+表記)を選ぶ、という内容なので、文字のLかRかだけを判断している訳ではないのですが...。

(表記だけから選ぶのなら、LかRか、言い当てられる、ということになります。)

似ている音の聞き分けができること、やる気があることだけでも十分だと感じました。

また、チャレンジイングリッシュで使われている英語の発音は、特定の地域の「くせ」がなく、外国語として学ぶのにふさわしいものでした。

そういう英語に最初から触れられて、娘の発音も良いです。

今後について

もし、中学受験をしないのなら、ずっと続けてもいいかなと思いますが...。

中学受験をすると決めている以上、英語学習に使う時間はありません。

8月いっぱいで、予定通りやめました。

スマイルゼミの英語(←毎日のミッションとして含まれています。)や、小学校の授業で、英語に触れる時間があるので、中学まで空白ではなく、細く続けていけるのがありがたいです。

チャレンジイングリッシュ以外にしたことはこちらです。 ↓ 

www.spicy-chai.com