【けものフレンズ】ちびっこアライさんのコスプレ・グッズ作り方① ふわふわ「首巻き」

f:id:SpicyChai:20171130215821j:plain

アライさんに、なりたいのだ!

アニメを見始めてすぐに、アライさんの魅力に、どっぷりはまってしまった娘。

かわいい格好を真似したくなるのは、当然です。

4月の数日間で、娘が学校に行っている最中に、アライさんグッズ一式を作ることにしました。

f:id:SpicyChai:20171130214808j:plain
↑ アライグマのアライさん全身図

[1日目] 材料を入手!

絶対に必要なのは、白・灰色・黒のボア生地でした。

ボアは、製品によって、手触りが全然違います。

それなので、ネットのお店で購入するのは、リスクが高いかと。

買い物のためには、めったに外出しない私が、家から1番近いショッピングモールまで自転車を飛ばしました。

 

でもこの時、季節は春。

近所では最も広い手芸売り場なのに、ボアなんて無い!

「ボアありますか?」なんて店員さんに聞いたら、「今、ボア?!」と変に思われそうな雰囲気でした。

定番商品である、3.5cm幅の黒サテン・リボン(70cm分)だけ買って、帰ろうとした時...

見つけたんですよ!

お店の隅っこに置かれた、売り切り処分の「プレミアム・ボア」25cm角、200円。

安くなっている上に、手触り最高!

ウサギやネコの毛のようになめらかでした。

白2枚、灰色2枚、焦げ茶(黒は無かったので😥)1枚を購入。

これだけの材料で、全部作る!

意気込んで帰ってきましたが、この日はもう、作業する時間は無し。

[2日目] リボン付きふわふわ首巻き

娘がまず、気になっていたのは、首まわりのふわふわと、中央のリボンでした。

そこで初めに、1番手軽にできそうだった、首巻きから取り掛かることに。

少し生成りがかった白は、両面ボア(片側が長め・反対側が短め)でした。

1枚目は、3分の1の太さに切り、毛が長い方を外側用に。

2枚目は、4分の1の太さに切り、そのうちの3本を使って、毛が短い方を首にあたる側用に。

それぞれを細長くつなぎ合わせた後、外側と内側を、筒状に縫い合わせました。

最後に、端を内側に縫い込んで、後ろの見えないところにスナップを付けて出来上がり!

サテンのリボンを蝶結びにした裏には、安全ピンを縫い付けておいたので、首巻きを洗うときには、取り外せます。   ↓

f:id:SpicyChai:20171130215940j:plain

完成しました!!

f:id:SpicyChai:20171130220004j:plain

アライさんと、違うけど?

リボンの中央に付けているピンですが...

初めてアニメで「セルリアン」を見たときに、私はすぐ、「ずっと前に、ああいうの買ったなあ」と、思い出したのです。

これは、魔除けのお守りで、ギリシャではバスカニアと呼ばれています。

(トルコでは、ナザール・ボンジュウ。)

青いガラスの目玉がきれいで、その中でもハート型が珍しく、かわいかったので、以前ギリシャで買いました。

首巻きが完成した後、このピンを娘に見せたところ...「セルリアン?!」と、すぐに気に入った様子。

リボンの飾りとして付けることになりました。🙂

ひそかに、「セルリアンと何か関連があるのか?」と期待してアニメを観ていた私です。

でも、バスカニアやナザール・ボンジュウのことは、出てきませんでした。

その後、「謎解き本」に載っているかどうか娘に聞いてみましたが、載っていないそうで。

完全に無関係でした。😎

f:id:SpicyChai:20171130220040j:plain

 ↑ 少し、下に目をそらしているみたい?

夏バージョン!

暑くなってきて、いくらなんでもボアを巻くのは、つらそうになってきました。

そこで、保冷剤を内側に入れられるように、少し改造することに!

保冷剤は、細長い物が無かったので、ジップ付きの袋に、保冷剤の中身を小分けにして作りました。

この中身は、冷凍してもガチガチにならない、ジェル状のものなので、首にそって曲げられます。

f:id:SpicyChai:20171130220107j:plain

くるくると巻いて、細長くして冷凍し、首巻きに2本ずつ入れられるようにしました。

f:id:SpicyChai:20171130220127j:plain

これでも暑かったら、真夏は、服の首元に、リボンを留めるだけでもいいかも...

                       ↓ 見ている?

f:id:SpicyChai:20171130220158j:plain