【子供の歯】乳歯の保管 + 生えたて永久歯の注意点

f:id:SpicyChai:20171130210026j:plain

11歳と少しで、娘の最後の乳歯が抜けました。

生えて・抜けて・生えるの繰り返しがやっと終わり、ほっとしています。🙂

抜けた歯を、きれいにして保管する方法

取っておかなくても、いいんですけどね...

娘の希望もあり、抜けた乳歯は全部、上の画像のケースに入れて保管しています。

側面1カ所の印は、ふたが逆にならない工夫です!

内部の上の歯と下の歯が、どちらか分からなくならないためですね。

最近は、かわいらしい「乳歯保管用ケース」がたくさんあり、取っておきたい人が多いのかも。

でも、抜けたての歯は、裏側に赤い部分があって、なかなかきれいになりませんよね?

f:id:SpicyChai:20171130210107j:plain

↑ こういう状態です。

赤いのは血液だと、ずっと思っていました。

でも娘によると、歯茎の一部が歯に付いて残っているのだそうです。

(「ぷにぷにしてたから!」とのこと...)

洗っても、水につけておいても、なかなか落ちないはずです。

でも、きれいにする方法がありました!!

f:id:SpicyChai:20171130210148j:plain

抜けた歯を器に入れ、「水の激落ちくん」をシュシュッとかけます。

そして、2日間ほどつけておくのです。

赤色が取れたら、水ですすいで、しばらく水につけておきます。

f:id:SpicyChai:20171130210231j:plain

きれいになりました!

あまり長い間、「激落ちくん」につけておくと、内側の象牙質が痛みそうな雰囲気。

(エナメル質は、丈夫そうですが。)

時々様子を見て、歯の裏側が白くなったら、水ですすぐようにしています。

こすったりする必要はなく、とてもラクです。

(ちなみに、生えかわりで抜けた乳歯の中の細胞は、再生医療には利用できないそうです。)

↓ 激落ちくん大好き!他の事にも色々使えます。

とっても気楽になりました!

娘は、ちょっとした異変にも敏感なので、歯が抜ける時は毎回大騒ぎでした。

ぐらついた時から、常に気にしているのに、抜けるのを先延ばししようと、なるべく刺激を与えないので、かなりの期間持ちこたえさせていました。

最期の「とれとれ状態」では、自分ではこわいからと、私が少しずつ動かすことになり、そのたびに、(ご近所迷惑?というぐらい)「ギャーギャー」騒いで。

やっと抜けたら、本人はすっきりしてウキウキなのに、私はどっと疲れて、しばらく立ち直れないぐらい...

その「とれとれ状態」が、寝る間際や、大事な用事中などに重なってはいけないので、タイミングの調整も、気を遣いました。

そういう苦労がもう終わったのかと思うと、うれしくて、うれしくて。😆

他の人には、絶対に代わってもらえないことだったので、自分が全部関われたのも、良かったなあと、思っています。

これで安心かと思ったら...

もう1つ、ほっとしているのは、虫歯ゼロで乳歯を卒業できたことです。

乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすいので、その乳歯が生え変わり、もう私の虫歯に関する心配も終わりかな、と。

 

しかし、久々に『教えて恐竜! ぼくたちの大切な歯』(少年写真新聞社)という本を見て、すっかり忘れていたことに気付きました。

なんと、乳歯も永久歯も、生えてから3年以内は十分硬くなっていないので、虫歯になりやすい、ということです!

何年も経った永久歯は、器械でなかなか削れないのに、生えたばかりの永久歯には、同じ器械で触れるだけで、なくなってしまう感じがするらしい。

見た目では、全然わからないのに!

まだまだ気が抜けないではないですか... 😯

 

↓ 恐竜好きの娘と、この本で楽しく学べました。

f:id:SpicyChai:20171130210322j:plain

↑ まるで未確認生物?のような、抜けた乳歯。

奥歯上部には、小さいくぼみがたくさんあります。