子供が【けものフレンズ】に惹かれた「きっかけ」

f:id:SpicyChai:20171130230757j:plain

子供たちにはあまり知られていない「けものフレンズ」。

もともと、深夜に放送されていたアニメなので、私も娘も、TV放映中は、全く知らないままでした。

そんな娘が、4月初めに、このアニメを見たいと思った「きっかけ」が幾つかありました。

それは、「ラーテル」という動物への興味から?

NHKの「地球ドラマチック」で、ラーテルを特集した番組を録画したことがありました。

これは、娘の好みかな?と思い、見せてみたら、興味津々。

その後娘は、ラーテルを「かわいい女の子化」させたイラストを描いたりもしていました。

「けものフレンズ」にも、ラーテルの女の子がいるらしい、とのことで、最初は興味を持った様子。

(ゲームでは、ラーテルのキャラクターがいたらしいけど、アニメでは残念ながら登場しませんでした!)

ラーテルに限らず、動物を女の子化させるイラストの描き方を、詳しく見たいという気持ちがあったのかもしれません。🙂

IQを上げる!娘のひそかな作戦?

「IQが下がる」というウワサが広がり、話題となったアニメでしたが...

「後半は、だんだん謎解きが出てきて、逆にIQが上がるらしい」という話を聞きました。

私は当然、「IQの下がった分が、また上がって、プラスマイナスゼロ?」と思いましたが、娘は違ったようです。

アニメを見始める前に、

「ひと通り12話全部を見た後で、後半の謎解き部分だけ何度も見て、IQをどんどん上げるつもり!」

と、こっそり教えてくれました。にんまりしながら。

そんなにうまくいくのかな~ 😳 

でも、アニメを見てみたら、次々と謎が出てきて、考える余地は、限りなくありました。

IQが上がるかどうかは、分からないけれど、ひとつひとつの行動や会話に、「どうして?」「どういう意味?」と考えることは、頭の体操になるのでは?

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

謎には、大まかに3種類あるようです

1つ目は、アニメの舞台となっている「ジャパリパーク」世界の仕組みに関する謎。

意図的に、推測される余地を残して、あえて説明していない部分です。

2つ目は、これも世界の仕組みに関する謎ではあるけれど、12話という短い時間では、説明する時間が足りなくて、曖昧になっている部分。

3つ目は、アニメ制作上の、人手不足が原因(?)となってできた謎なのではないでしょうか。

セリフとストーリーの食い違いや、アニメの背景や動きが不自然な部分です。

娘は、この3番目の謎に強い違和感を感じるのか、次々と謎を見つけて、私に教えてくれました。

結局、繰り返し見ることに...

そういう訳で、このアニメを見るために、dTVの1ヶ月間無料視聴キャンペーンに申し込み、何回も繰り返し見ました。

(本作品の配信情報は29年12月24日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)

実際見てみたら、ぐいぐい引き込まれ、娘の1番好きなアニメになったのでした。

キャラクターもストーリーも、娘の好みにがっちりはまった様子。

普段、娘が見たがるテレビ番組があまりないので、貴重な番組との出会いでした。 😀

上の画像は、娘が書いているお話のイラストです。

ラッキーくん(サーバルちゃん、かばんちゃんと旅をした「元ラッキーさん」)が、仲間たちと楽しく過ごしている内容らしい。

人工知能を持つラッキーくんが、(部品が外れたことで)パークガイドとしての役目から解放され、フレンズたちのように、日々の生活を満喫しているのかも?

「謎考察本」も買ってしまいました

それは、『けものフレンズ 完全考察 「けもフレ未回収」の謎を解く』です。

私たちなりに、納得してきた謎たちですが、他の人の考えも知ることで、もっと考察を発展させることができるのではないかと。

さっそく、娘が大喜びで、楽しく読んでいます。

私はまだ読んでいないのですが。🙄

「謎」として認識していなかったことまで、詳しく書かれているようで、「けものフレンズ」世界が広がりそうです。

amazonの商品説明欄に書かれていた内容に興味を持ち、買うことにしました。

特に、「IQが上がる? 科学考証集」という1文が気になりまして。

「IQが上がるかどうかも、書いてあるのかな?」と、思ったのです。

他の人もそういう考えを持っているのかどうかも、知りたくて。

「娘のIQを上げる作戦」も、証明されたらうれしいですしね。😉

でも、パラパラ見出しを見たところ、そのようなページは、ありませんでした。

「この考証集を読めば、IQが上がるかも?」という意味のようです。

確かに、いろいろ考えるきっかけに、またまたなりそうなので、納得しました。