【中学受験】夏期講習を受けさせず、夏休みに何をするか!

timetable_1508926007

日能研の夏期講習を受講しない場合の選択肢について、考えたことを書きます。

他の塾の夏期講習を検討

まず、もっと日数の少ない講習が受けられる塾はないのかと、探してみました。

他の塾に短期間通い、違う勉強法に触れることで、今後に活かせるかもしれないと。

普段見逃している「日能研のありがたさに気付く」なんてことも、あるかもしれませんし。🙂

 

でも、改めて他の塾の方針などを知り、「うちが必要としているのは、日能研のやり方だな」と、気付いたのです。

それなので、「他の塾のやり方は試さなくて良い」と思えてきました。

そもそも、日能研と同じく、復習を夏期講習で行う塾の場合、問題があります。

塾によって「勉強した範囲」が違うので。

講習に合わせた予習・復習に、その塾に通っている子達よりも、ずっと労力が必要になってしまう...。

短期間であれ、そのような講習に向けた「人一倍の努力」をして、それだけで夏休みが終わっていいのかな?と、疑問に思ってきました。

新学期以降に、すんなり活かせる学習にしたい

9月の新学期には、夏期講習を終えた塾のクラスメートと、また一緒に学びます。

それなのに、休み中に勉強した範囲が違うと、苦労することになるのでは?

先生方も、日能研で学んだことを前提に、授業を進めていかれます。

 

実は、日能研のテキストや問題集の内容は素晴らしいのに、普段の生活では、すべてこなせていませんでした。 (子供が勉強に使える時間も気力も、全く足りていないという状況。😥)

この中途半端感をどうしたものかと、入塾後からずっと気にしていたところ。

夏休み中なら、手元にある教材を再度活かせるのでは?と、思ってきました。

結局、夏期講習の範囲とほぼ同じになる、1学期の勉強範囲を、家で復習させることにしました。

覚悟を決めて、具体的計画!

決めたからには、「できるだけ頑張る」というような気持ちではダメです。

1学期の授業は14週間。確認テスト(カリテ)は7回ありました。

1週間分(4教科1単元ずつ)を1日で復習し、それを2日間続けます。

3日目は、カリテをテスト形式で再度挑戦。

それを繰り返し、6日間でカリテを2回終わらせ、7日目を休みの日とする。

7日間で1ヶ月分の復習になります。

それを3.5回繰り返し、計算では、24日間で1学期分が終わる予定。

余裕があるように見えますが、これに次の予定も組み込みます。

・夏休み始め4日間は、学校の宿題を進めるために使う。(娘の希望)

・旅行や日帰り外出の日は、スケジュール通りの勉強はしない。

・夏休み最後数日は、模試(実力テスト)対策に使う。

(予定通りできないこともあるはずなので、ぎりぎりです。)

 

このような計画を娘に話し、1日あたりの時間の使い方も、時間割表で見せました。

1時間勉強後、30分間休憩、というように、分かりやすく。

その他にも、家にこもってばかりでは健康に悪いので、「夜のお散歩」なども予定に入れました。

(真夏なので、日中よりも夜の外出の方が息抜きになります。)

塾に通うよりも、この方法が良いと感じたらしい娘は、すぐに了承しました。

というのも、学期中塾に通っているからこそ、夏休み中の勉強の大切さを理解しているのだと思います。

塾に通っている子達は、夏期講習で学習するという現実があるので。

そして、娘以上に覚悟を決めたのは、私です。

個別指導で、効率よく!

「勉強:休憩」が、「2:1」というのは、夏期講習に通っていたら不可能なこと。

(前回書いた通り、期間講習中は、家でも勉強に追われる!)

個人で勉強することによって、それを実現させたいな、と思いました。

理解しているかどうかに合わせて進められるので、講義形式の授業よりも、同じ時間でも学べることは多いはず。

実際、4年生の1年間、通信の「チャレンジ中学受験講座」で勉強させたのは、塾の授業では、まだ吸収できないと感じたからです。

その時のように、夏休み中、じっくりと復習に付き合うことにしました。

つまり、夏休み中、毎日の勉強を滞りなく進められるかどうかは、私次第という状況。

娘の休憩時間中に家事をこなすことにして、自分の時間割も書き込みました。

 

親は休憩無しの、この計画。 😱

(実際はどうなったのか、こちらに書きました。 ↓ ) www.spicy-chai.com

 

(前回書いたことはこちらです。 ↓ ) www.spicy-chai.com

(その後の期間講習について。 ↓ ) www.spicy-chai.com