全国公開模試対策 楽しく【和語】語彙力をつける

f:id:SpicyChai:20190628132036j:plain

                                                                            (original image: AnnaliseArt)

 

以前も書いたように、日能研の模試は、一部分だけ範囲が公表されています。

それを参考に、次の模試対策をしている訳ですが・・・

6年生5月実施模試の国語では、「和語」と「ことわざ」が出ることだけがはっきりしていました。

(もちろん「漢字」も出題されると明記されていましたが、こちらの範囲は広く、できる対策は限られます。)

普段、語句問題の対策には、5・6年生の国語テキストの巻末を利用しています。

テーマごとにまとめてありますから。

もちろん「ことわざ」も載っています。

でも・・・

「和語」が無い!

そもそも、「和語」って何???と困ってしまった私でした。

「外来語」以外の日本語って、全部和語じゃないの?!

娘に聞いてみたら、「最近、語句で勉強したよね?」と、あっさりした返事。

国語のテキストを見ると、ありました。

ステージⅣ第25回(6年第7回)の「語句問題」のところに。

「入試頻出の重要な和語20」という一覧(語句・意味)にも見覚えが!

(こういうまとめは、たいてい巻末にあるのに・・・)

ここで「和語」とされているのは、「昔からある」・「大人が使うような」言葉でした。

例えば、「とりもなおさず」など。

「和語」の重要性

中学入試では、語句問題として、空欄に当てはまる「和語」を選ばせたり、

「和語」の使われ方が正しい文章を選ばせる、という問題が出題されています。

また、長文読解でも、文章中の言葉の意味を選ばせる問題として、「和語」が取り上げられているのかもしれません。

(カリテや模試では出題されているので。)

そういう訳で、テスト対策としても必要な「和語」ですが、文章の意味を正確に理解するためにも必要な知識です。

普段の日常会話で、子供たちが使わない表現ばかりなので、「和語」の意味を知らないと、文章を間違って解釈してしまうことにつながりますから。

対策本を探して

そこで、上記の「入試頻出の重要な和語20」一覧を復習しましたが、すんなりと覚えられない様子。

具体的に使われている表現がないと、なかなか難しいのです。

(ただのひらがなの羅列に見えているみたい。)

インターネットで調べましたが、「和語」をまとめた本は見当たらず・・・

ちょうどゴールデンウィーク中に、大きい書店に行ったので、参考になりそうな本を探すことにしました。

そして見つけたのが、こちらです。

(↓)

(ドラえもんの学習シリーズ)「言葉の力がつく」です。

パラパラと見てみたら、まさに中学受験レベルの「和語」学習にぴったり。

「難語」と「和語」の本となっていますが、「難語」も和語の難語なので、「和語」専門の本と解釈しています。

よく見ると、「【指導】日能研」となっていました・・・

1ページごとに、基本的には1つ和語が取り上げられていて、その「意味」・「使い方」(←例文)・「マンガ」が載っています。

それ以外に、覚えるのに役立つイラストや豆知識が追加されているページもあり、とっても親切な作り!

「これ良いかも~😊」と、早速購入しました。

「ドラえもんの学習シリーズ」

実はこれまで、このシリーズの存在さえも知りませんでした。

国語だけではなく、教科ごとにいろいろと出版されているようです。

(すべてが「【指導】日能研」という訳ではありません。)

ドラえもんのことを、特に好きという訳ではない娘ですが、楽しそうに読んでいます。

「ドラえもんが、のび太くんに教えてあげる」という展開も自然ですし。

キャラクターが小学生なので、マンガのストーリーが子供達にとって分かりやすいのです。

何と言っても、ソフトカバーで、手ごろなサイズなのが良いですね。

軽いし、子供が読みやすい大きさだと思います。

模試の出題

結局、5月の模試の「語句問題」としては、テキストに載っていた「入試頻出の重要な和語20」から、全問出題されていました!

「言葉の力がつく」にも載っている語です。

(1問は、品詞が違う形でしたが。)

今後も、繰り返しこの本を読むことで、「和語」を正確に理解できるようになったら良いなと思っています。

 

実は、こちらも同時に買いました。😁

(↓)

「和語」とは違い、 「ことわざ」に関する本は、たくさんありますが。

読み比べてみたら、いろいろな意味で、この本がちょうど良く感じたので。😊