【中学受験】6年生の9月から始めた(一挙両得)生活習慣

6年生の夏休みが終わり、新学期になったところで、ガラリと変えたことがあります。

それは、勉強を朝型にしたことです。

結果的にいろいろな意味で良かったと思っています。

 

以前書いたとおり、朝の基礎勉強は、5年生の夏休み前から始めて、ずっと続けてはいました。

今回は、思い切って就寝時間を早め、もっと早く起きて、たくさん勉強することにしたのです!

 

f:id:SpicyChai:20200923153119p:plain

(original image: WildOne)

 

実は、最近になって、「これをもっと早く始めておけば良かったのでは?!」と気付きました。

夏休みからとか、もしできればもっと早く…

でも、子供がその必要性を感じていないと、積極的に生活を変えられなかったでしょうし、実際にできたかどうかは、分かりません。🤨

 

しかも、自分が全く思い付かなかった、という…

9月の半ばに、「朝型に切り替えなくては!」と気付く機会があり、始めることができたのですから。

 

今回のきっかけ

その頃、小学校6年生の一大イベントである、泊まりがけの「移動教室」がありました。

 

子供たちが学校に戻ってくるのを、他のママさんたちとおしゃべりしながら、楽しく待っていたのです。

その会話中、出発前に「たくさん眠れる!」と言っていた子がいた、と聞いてびっくり。

普段、夜遅くまで受験勉強をしているけど、「移動教室中には、早く寝ることができる」、つまり「やっと休める!」ということらしい。😮

 

「え!そんな生活は、健康に悪いのでは?!」

と思いました。

うちでは、それまで就寝時間を遅くすることは無く、時間内に効率よく、できることだけをする、と割り切っていたのです。

 

でも、受験までにやらなくてはいけないことは、確かにたくさんあります!

「こなしていくには、朝に勉強時間を持ってくるしかないのでは?」と気が付きました。

2学期に入ってから、これまでと同じやり方ではいけないんじゃないか、と思っていたこともあって。

(日特に通い始めたり、過去問に取り組み出したり、かなり忙しくなっていたので。😣)

 

健康第一 & 効率重視

朝型生活が無理ではないことは、これまでに自分自身の経験から分かっていました。

寝る時間が早いほど、翌日の体調が良いことや、1日疲れにくいことも。

睡眠時間の長さではなくて、就寝時間がカギとなります。

(遅く寝て、朝ゆっくり起きても、同じ効果が得られないのは、本当に不思議。)

 

子供は、疲れがたまりにくいのか、多少の無理はきくし、それを当たり前として続けることは可能だと思います。

私も学生時代までは、そうでした。

 

でも、実は、目立った問題が起きていないだけで、体調にも微妙な悪影響があるのではないかと心配していたのです。

頭痛を起こしやすい、免疫力が落ちて風邪をひく、など。

能力面でも、テスト中のひらめきに支障があるとか…?

また、長い目で見たら、成長期である子供への影響も気になります。

 

でも、早寝をすると、睡眠の質が上がるようで、勉強時間も確保でき、体調も維持でき、お得です。😙

  

早起きに慣れておく

しかもこれは、毎日の勉強のためだけではありません。

受験本番の時にも、この習慣は役立つはず!と考えました。

 

受験当日は、相当な早起きになることが分かっていましたから。

そして、それを数日間続けなくてはいけないことも!

満員電車を避けるためにも、早く起きられれば余裕ができます。

当日朝の準備も重要ですし。

そうなると、子供は5時起きでしょうか?

 

誰でも、試験の前日には「早めに休ませよう…」と考えているはずです。

試験当日に寝不足という状況は、できるだけ避けたいですから。

でも、普段から早寝早起きしていないと、すぐに寝付けない可能性の方が高いのです。

 

数か月前から朝型生活を始め、受験当日には「無理なく早起きできるようにする」というのも魅力でした。

 

実際にやっていたこと

とは言っても、6年生の2学期には、塾の終了時間が遅い日もありました。

そういう日は、帰ってきたら、すぐにお風呂に入れるようにしておいて、そのまま就寝。

それ以外の日は、夕食を早めにして、少しゆっくりする時間の後、8時頃からお風呂、9時には休む、というスケジュールでした。

(早起きの生活をしていると、早く寝付けます。)

朝は、5時に起きられるように、それよりも10分ぐらい前に声をかけていました。

 

勉強時間は、朝の5時から7時ですが、休憩もあるので、実際は1時間半ぐらい。

 

勉強内容は、

「計算と漢字」の基礎勉強

読解問題の音読+解答

「数学ファイル」の繰り返し

を、主にしていました。

 

(「数学ファイル」については、こちらに書きました。↓ )

www.spicy-chai.com

 

休憩では、

飲料水に粉末緑茶を溶かした飲み物(←その頃、子供がはまっていた。)と、

チョコバナナ(薄切りにした冷えたバナナに、レンジで溶かした乳酸菌チョコをたらして固める。)

を食べることを、子供は楽しみにしていました。🥰

 

そして、7時過ぎから朝食にして、小学校に通うという毎日でした。

朝の勉強のせいで、学校生活中に疲れるということはなくて、むしろ元気に過ごせたようです。

 

親の体調

実は、受験前から当日まで、自分の体調がもつかどうかも、不安だったのです。

もともと調子が良い訳では無かったので。

 

また、受験当日というのは、子供の様子を気遣いながらの移動が長く、会場は苦手な人混み(😱)で、私にとっては、かなり負担となる状況。

でもこの期間、私自身も体調を崩さず、サポートし続けられました。

それは、子供が寝たらすぐに休むようにしていた、生活習慣のおかげだったと感じています。

(そうしていなかったら、いくら気力でなんとかしようと頑張っても、無理だったかな…)

 

【余談なんですけど…】

あれこれ頑張って、試験会場に無事送り届けられたら、親が少し休憩することも大切だと気付きました。

近くのチェーン系カフェなどで、ストレートのホットティーを頂いたら、また体調が盛り返したのを実感したので。

私はそれまで、ひとりでカフェに入って休憩するタイプではなかったのですが、やってみたら良かったので、おすすめです。🤗

その日の試験が終わったら、また子供を元気にサポートし、翌日以降に備えないといけないことが多いので。

自分をどんどん疲れさせないことも、体調維持には重要でした。

 

f:id:SpicyChai:20200924164545j:plain

(original photo: Julia Sakelli)

 

 

(早寝に関しては、こちらにも書きました。 ↓ )

www.spicy-chai.com

 

(5年生から始めた、朝のちょこっと勉強については、こちらに書きました。 ↓ )

www.spicy-chai.com