レーシック経験者のメガネ・コンタクト・レーシック比較 ②

視力_1496392056

メガネ(+ハード)→ 眼科 → ソフト

前回書いたように、眼科で「左目角膜内のゴミをとる」という簡単な手術をうけ、問題であった充血は、しばらくして引きました。
そして、目の状態は以前と変わらないようなので、またハードコンタクトレンズをつける生活に。

ハードコンタクトレンズが合わなくなったみたい?

でも手術以来、コンタクト装着数時間後には、左目が必ず充血するようになりました。
痛みはないけれども、目はひどく疲れてしまって。😐 

そこで、基本的にはメガネを使い、必要なときにだけ、コンタクトをすることにしていました。
「幼稚園に来るときには、メガネはしないでほしい」

と娘から言われていたので、そういうときにだけ、コンタクトを使用。
(人に見られたら恥ずかしいぐらい、メガネが似合わないからですね!😥)

数ヶ月経っても、ずっとそのような状態で、「もしかして完全に治っていないのかな?」と心配していました。
安心してコンタクトが使えないままでも困るので、眼科で診てもらいたいと思いつつ・・・

半年以上経ち・・・やっと幼稚園の夏休み中に行くことができました。
もちろん、娘を連れて。

診察で、目の傷は治っているとのこと。
ただ、ゴミを取ってもらったところ(角膜)が少し盛り上がっていて、そこにコンタクトレンズのふちが当たってしまうため充血する、ということが分かりました。 :roll: 
傷跡は、ちょうど黒目の端で、黒目内におさまるハードコンタクトレンズのふちがあたってしまっているという説明に、なるほどと納得しました!

ソフトコンタクトレンズを勧められ・・・

そこで、「酸素透過性の高い、ソフトコンタクトレンズにしてください」と、先生に言われました。
これまで1度も試したことのない、ソフト。
とうとう使うことになるのか・・・と思いました。

そして、私はこの日、先生にお聞きしたいことが、他にもありました。
今の目の状態で、レーシックの手術を受けることは可能なのか?ということです。
「レーシック専門の眼科に行ったら、レーシックを勧められるだろうけれども、傷跡が残っているので慎重にしたほうがいい」と言われました。

そこで、ソフトコンタクトレンズを試すことにしました。
酸素透過性がよく、乱視にも対応しているものは、2週間用しかなかったので、少し残念。
毎日手入れをする必要があり、他の使い捨てのものよりも高価ですから。 :-? 

数日後、コンタクトレンズ外来専門の日に、再び娘を連れて眼科に行きました。
眼科内では、ソフトコンタクトレンズを試すことができると聞いていましたが、想像していた以上に大変でした!
これまでのハードとは違い、柔らかくて大きいソフトは、入れたり出したりが難しくて、かなりの時間がかかりました! :cry: 
目に指を近づけるのが苦手なので、人に出し入れしてもらう訳にもいかないし・・・

〈不思議な体験〉ソフトとメガネ・ハードとの見え方の違い!

でも、やっとのことで目に入ったソフト、これまでのハードとは全く違う付け心地でした!
とにかく目がラクで、よく見える!!

実は、そのときに「初めて娘の顔を正確に見た」というような、不思議な感覚がありました。
「お!こんなにかわいかったんだ・・・」と、娘をまじまじと見つめる私。 :oops: 
メガネ(視界が狭い)やハードコンタクトレンズ(目が疲れる)では、ちゃんと見えていない部分も、勘や想像で補っていたようです。
それでも、生活には全く困らないのですが、この時、「見え方の違い」を実感しました。
ソフトコンタクトレンズが、今の私の目にちょうど合っている度数だったことも関係あると思います。
その後数分間で、「これまでとは見え方が違う」という感覚は無くなり、「その新しい見え方が普通」と感じるようになったのですが。

思ってもみなかった、新鮮な体験でした。 :-) 

眼科内で試したソフトコンタクトレンズはその場で捨て、それとは別に、個包装になっているレンズ左右1回分ずつがもらえました。
なんと、2週間使って試すことができたのです!!
この後に予定していた泊まりがけの外出は、当然メガネで過ごすつもりでしたが、思いがけず、ソフトを道中ずっと使えることになりました。
よく見えるし、快適だし、(メガネをしていないと)娘に喜ばれるし、旅行にちょうどよいので助かりました。 :lol: 

そういう訳で、眼科に行けてよかったのですが、「子供連れ」というのは、気を遣うので、避けられれば避けたいことでした。

娘は、視力検査にひどく憧れて、「自分もやりたい!」と、口と目で熱心に訴えるもので・・・

それを断るのが、一番つらかったのでした。 :roll: