【ガラスフィルム】リビングの紫外線カット① 夏本番を前に貼り換え検討!

uv__1496829233

現在住んでいる所に引っ越すとき、家庭用(UVカット)ガラスフィルムの存在を知りました。

一般家庭でも、手軽に使用できる時代になったことに感謝し、迷わずほとんどの窓に貼ってもらいました。

学生の頃から日傘を愛用し、紫外線を敵視してきた私です。😡

そんな私に、ガラスフィルムは、絶対に必要だったのです!!

そして、このフィルムの存在により、それ以来とても助かっていました。

ガラスフィルム無しの生活は、考えられない!

太陽の位置が高くなる夏、日差しは室内に直接差し込みませんが、外の光の激しい反射を、フィルムがブロックしてくれていました。

部屋の中まで直射日光の差し込む冬は、紫外線を気にせず安心して、(暖を取るために)窓際で日に当たれました。

もちろん、床や家具、カーテンが日焼けすることも、全くありませんでした。🙂

(↑このことは、人への影響ほどは、気にしていなかったのですが。)

その(散々お世話になってきた)ガラスフィルムも、貼ってから10年以上経ってしまいました。

「そろそろ替えないといけないんじゃない?」と、Pさんが言い出したのが、今年の春。

紫外線が強くなる時期なので、「その前にやってしまおう!」と。

私は、普段の生活が忙しいので、「これ以上予定を入れるなんて!」と、とにかく面倒だったのですが。🙄

今が替え時?

でも、私が一番、フィルムの劣化を気にはしていたのです。

f:id:SpicyChai:20171130225450j:plain                     ↑

年中日の当たる東側の窓は、掃除をしても、表面がざらざらとして見た目もきれいにならず、数年前から困っていました。

いっそ、力づくでフィルムを落とせないかと、布やニトリル手袋でこすったりしてみましたが、4センチ角の範囲を落とすだけでも、時間がかかるし重労働。🙁

スポンジの固い側でこすった1部分は、窓に傷がついたようになってしまったりして。

でも、南側の窓は、冬の日差ししか直接当たらないこともあり、1カ所小さく剥がれてしまったような箇所がある以外は、まだまだ大丈夫そうでした。

近づいて見れば、粒々のような模様(劣化?)は見えますが、それはずっと前から変わらず。

日差しの強い日には、東側の窓のカーテンを閉めておくことで、貼り替えを先延ばしできないものかと、考えていました。

でもそうすると、カーテンが痛んでしまいます。 😕

南側の窓も、UVカット効果が薄れているのなら、今までのように頼りにできません。

「とりあえず、見積もりをもらってみよう」という、Pさんの誘いに乗り、窓ガラスのサイズを測りました。

業者さんに測ることも依頼すると、来てもらう手間とお金がかかります。

自分たちで測っても良いとのことで、それだけは頑張りました。 

その日の夜、Pさんがフィルムの種類を選び、さっそく見積もりをお願いしていました。

 ↓ こちらのお店です。楽天市場の公式ホームページへは、こちらから!