読解力を磨く! 「夢中にさせる本」探し

中学2年生最後の学力テストで、国語の成績がとっても良かった子供。

でも、毎回、確実に点数が取れるという訳ではないのです。

文章との相性によって、結果が違いますから。

まだまだ読解力が足りないことは、親が十分知っています。

 

改めて、「今後、どうやって読解力を伸ばしたらいいのかな?🤔」と、考えるきっかけになりました。

 中学受験の勉強中は、毎朝、読解問題を1つ、一緒にじっくりと解いたりしていましたが...

 

今は、別の方法を模索する時なのではないか、と感じて。

 

 

読解力をつけるステップ

やはり、たくさんの文章に触れる必要があることは、確かなのです。

それも、ただ字面を追っているだけではなく、「興味をもって読む」、というのが大事ではないかと。

場面を思い浮かべたり、「これは、どういう意味なのかな?」と考えたり...

 

それは、強制されたり、「勉強のためだから」と、文章を読んでいるだけでは、なかなか難しいことだと思います。

それならば、 「自分が読みたいから、本を読む」という習慣をつけられるかどうか、が重要だと思うのです。

そしてそれが、読解力の向上につながる道なのかもしれないと。

 

 では、「様々な本を、興味をもって読めるようになる」ために、できることは何かな、と考えました。

まずは、本人の好みに合った、「面白い本と出合う」機会が必要なんですよね。

その本が面白いほど、「また、何か読みたいな」と感じるでしょうから。

そんな、「早く続きが読みたい!」と思う体験を積み重ねていく...

そうやって、「自分の楽しみのために、読書を優先させるようになる」というのが理想です。

時間をかけるうちに、興味も広がり、読解力もついて、様々な分野の文章に積極的に向かえるのではないかと思いますから。

 

そういう訳で、まずは、子供(「つちのこ」)をトリコにするような本を探すことにしました。 

 

f:id:SpicyChai:20210518105542j:plain

 (original photo: Pezibear)

 

読解問題用の「切り抜き」文章

もともと「つちのこ」は、(テストや問題集の)文章題の内容に、惹きつけられることが多いのです。

説明文のこともありますが、小説の方が、特に。

 

春休み中にも、宿題の読解問題に取り組んでいて、さっと終わらせた時ほど、感想をもらしていました。

「今回の文章、おじいちゃんがツンデレ過ぎて笑った」とか...😳

「主人公が、行方不明になった友達を探す話だったから、続きが気になる」などなど。

 

このように、文章に興味をもった時には、もとの小説を、私が図書館で借りてくるようにしています。

私自身も「読んでみたいな❣」と、楽しみで。

 

実は、私の大好きな小説『吹きぬけの青い空』(志津谷元子)にも、そんな経緯で出合えたのでした。🥰

(子供がまだ小学校4年生ぐらいの時。)

 でも「つちのこ」は、この傑作でさえ、それほど好きにはならなかったのです。

(ひと通り、読んではいたんですけどね。大人だからこそ分かる良さもあり。)

 

小説1作全体に惹きつけられて、ぐっとはまるということが、なかなかありません。

(これまで、特に好んで読んでいた長編文学作品もあるんですが。)

読解問題では、最もドラマチックな部分が使われていたりするので、それ以外の部分には、興味を失ってしまったりするのかも...

そのため、「同じ著者の本を、次々と読んでみたくなる」という発展もないのです。

  

探すべき本

そこで、「短編小説だったらいいかも!」と思い付いたのでした。😙

 さっそく、学校の道徳の本を出しておいたら、載っている文章を、次から次へと読んでいる...

 

そこで、中学生・高校生が、惹きつけられるような短編集を、図書館で借りてみることにしました。

まず私が読んでみて、「これは、興味深く読めるのでは?」という小説を、子供に勧めるのです。

それも、押しつけがましくないように、サラッと。

「これ、面白かったよ🙂」ぐらいで。

 

このような本探しは、私には新鮮な時間でした。

昨年から、自分のために本を読み始めてはいましたが、なかなか思い切って時間を使えなかったりするもので。

(やっぱり、「誰かのためにやらねば!」というのは強い!)

しかも、中高生がドキドキ💕するような小説を選ぶことも、普段は無かったりして...

 

そして知った本を、少しご紹介します。

 

中学生・高校生におススメの小説

 

『ホワイト・ピアノ』

この小説は、『四季のピアニストたち』という四部作の一部。

f:id:SpicyChai:20210514160501j:plain

(image: geralt)

 

『サマータイム』『五月の道しるべ』『九月の雨』『ホワイト・ピアノ』の順になっている、ラストの1作です。

この4作品は、時間順になっている訳でもなく、1作1作が完結しています。

それなので、どの作品から先に読んでも、また違う味わいがあるのです。😊

 

むしろ、『ホワイト・ピアノ』を先に読んで、「『サマータイム』『五月の道しるべ』『九月の雨』と続けたことが、「つちのこ」には1番合っていたかもしれないとさえ、感じられました。

(たまたま、そうなったのですが。)

この中の1作品中では、ほのめかされているだけの内容を想像しながら読み進め、他の作品で、その「気になっていた部分」が描かれている、という仕組みになっているのです!  

f:id:SpicyChai:20210518160428j:plain

ハードカバーの本には、2作ずつ。 

文庫版には、4作すべてが収録されています。

 

 

「サンネンイチゴ」

こちらは、短編2作分ぐらいのボリューム。

中高生にとっての、身近な話題からぐっと心をつかみ、ミステリー冒険的要素も加わってきて、最後まで飽きさせない展開でした!

 

f:id:SpicyChai:20210514160826p:plain

 (image: OpenClipart-Vectors)

 

 

どちらの作品も、ネタバレなどは一切見ないまま、読まれることをおすすめします。🤗

 読解専門家の本

 あと、こういう本も読んでみました。(↓)

 f:id:SpicyChai:20210518161222j:plain

『13歳からの読解力』です。

 まさに、中学生からの読解力の磨き方などが、書かれている本!

 

副題が「正しく読み解き、自分の頭で考えるための勉強法」となっている通り、思考力を鍛えるために有益な情報が、完結に記されています。

そしてそれが、とっても分かりやすいのです。😃

「書く力」「考える力」「伝える力」について書かれている箇所では、私が文章を書くときに、無意識にしていたことが当てはまったり、「今後、参考にしたい」と思う内容もあって、興味深く読みました。

 

実は、この3つの力💪が付くと、さらに「読解力」が伸びるような気がしている、今日このごろ。

この本の内容はすべて、読解力と無関係では無いようです。

 

また、「メディアの情報」に気を付けるべきであること、なども書かれています。

中高生に読んでもらいたいな!と、感じました。

 

ちょっと残念なのは、日本語と外国語を比較している箇所でした。

(冒頭と最後の方にあり。)

「日本語が特別だ」という説明に、説得力が無いのです。

日本語の「話し言葉」と、外国語の「書き言葉」を比べられているからみたいで。

(著者は、文献学が専門で、「様々な言語で書かれた文章を、相当な量読まれてきた」ことが、前書きから分かるのですが。)

 

この箇所を読んで、「なんか、違うかも?」と、読むのをやめてしまわないでほしいと思いました。

(この部分も簡潔で、分量としては少ないので。)

 

最後の方に、この著者の、「読書の意味」に関する名言が書かれています。 

"折あるごとに何度も読み返し、人生の支えになるような本と出合うために、読書があるといってもいいでしょう。"

(117ページより引用)

 

読んだ内容は、日ごとに記憶から薄れていきますが、「また読みたい本」として記憶(または保存)しておけば、良いのですね。

(私は、映画やTVシリーズなども、同じように考えています。「いつかまた観たい作品を、探しながら楽しんでいる」というように。😊)

  

そして、この著者にとっての、そのような1冊というのが、『人生論ノート』(三木清)だと、記されています。

これは、私が中学生の時に、本屋さんで買った本。

誰かに勧められた訳でもなく、ただただ気になって。

今思えば、「人生の大先輩の、知恵や意見」を聞きたくて、手にしたのだと思います。

その時、すべて理解できた訳ではなかったけれど、折に触れて思い出す部分があるんです。

 

この『人生論ノート』が世に出てから、もう相当な年月が経っています。

その間に、「同じ分野の書物は、他にもたくさん出版されているのではないか」と考えていました。

でも、2020年10月(←結構最近)に出版された『13歳からの読解力』で取り上げられていて...

「特別な内容の本なのだ」と、改めて思いました。

これも何かの縁かもしれないので、近々また読んでみます。🙂

f:id:SpicyChai:20210518160652j:plain

  

親の読書

短編集を探していたら、この本が目に留まりました。(↓)

 f:id:SpicyChai:20210518155655j:plain

『イヴの末裔たちの明日』。

聞いたことも見たこともなかったのですが、なんだか気になって仕方なくて。🙃

 

そうしたら、久々に物語世界にどっぷりと浸れました。

「早く続きが読みたい!」という気持ちで過ごせて、楽しかったです。

 

数学や、未来の世界[技術]に興味のある方に、特におススメします。

それぞれの作品ごとに、想像して見える世界のテイストが全然違うのも魅力でした。

 

 

この本は、 「つちのこ」向けではないので、勧めませんでしたけど...

これからも、心をワシづかみにしてくれそうな本を、子供に勧めていこうと思っています。

 

案外、親が夢中で読書しているだけでも、子供には何らかの影響があるかもしれませんね。

逆に大人が、スマホやパソコンばかり見ていたら、子供も、そちらに目がいってしまうと思いますし。😉

 

私は、気になった本は、図書館でまず借りて読みます。

(図書館にあれば、待ってでも。)

そして、本当に好きな本だけ、買うようにしています。

近頃は、楽天やAmazonで、中古書籍も手軽に購入できるのがうれしいです。

(店舗とは違い、状態を見られないので、注意は必要ですが!)