【中学受験】 算数の力をつけた方法 自力で解けるようにするファイル!

 うちの子供は、算数で苦戦していました。

よくよく確認したはずの箇所も、直後のテストで間違えていたりして。😥

それなので、6年生のはじめから、勉強の仕方を変えてみました。

 

そのためもあり、受験の時には、ある程度確実に点数を取れる科目になっていました。

算数対策として、実際にやっていたことについて、今回は書こうと思います。

 

やるべきことに気付いた

(子供の様子を見ながら)分かるように説明しているのに、どうして点数に結びつかないのかな?と、5年生の時は考えていました。

 

たぶん、親が横で説明している時には、理解していたのだと思います。

でも、実際に、同じ問題や類題を、ゼロから自力で解くとなると、できるとは限らない…🤨

 

結局、全く口を挟まず、「ひとりで解けるようになって初めて、本当に理解したことになる」と気付きました。

問題によっては、そうなるまで「何回も繰り返さなくてはいけなかった」のです。

でも、子供の勉強時間には、限りがありました。

考え方が合っているか見守ったり、分からない箇所を何度も説明する時間は無く、どうしたものかと…

 

そこで、子供が学校や塾に行っている間に「解き直しファイル」を作ることにしました。

そのファイルさえ開けば、すぐにやるべき問題に取り掛かれるように!

そして、「これ(ファイル)を私🥰だと思って!」と、渡していました。

(子供は、ファイルの表紙に目と口を書いたり…)

声をかける時にも、「算数ファイルの◎◎をやってみよう!」と言うだけで伝わり、いろいろと効率が良くなりました。

 

解き直しファイル

問題の選択

塾の授業を受けた後、完全に理解できなかった問題を抜き出し、単元ごとに通し番号を振ってまとめました。

その後の確認テスト対策にもなり、確認テストでできなかった問題も加えることが可能。

これぐらいは解けたら良いのではないか、という問題を集めました。

(親が志望校の過去問をざっと見ておくと、レベルがだいたい分かります。)

 

詳しい解説

 テキストや実力テストに付いている解説では、子供だけでは理解できないことが多かったので、そのままでは使えませんでした。

(自力で解けなかった問題に関しては特に!)

それなので、子供が難しいと感じるところを、特に詳しく説明した解説を付けることにしました。

しかも、大きい字で。

(スペースの関係で、印刷された解説は、字が小さいのです!)

 

この解説作りには手間がかかるのですが、その場限りのメモを使って、口頭で説明するよりも、意味があると気付きました。

何回も同じ説明や図が見られることが、子供には理解しやすかったようです。

親の方も、よく考えてから解説を作っておけるので、子供に無駄な説明をする必要がなく、時間のロスが少ないと感じました。

(後からもっと分かりやすい解き方に気付いて、こういう風に説明すれば良かった~😫、とならない。)

 

必要な道具

問題や解説を記入した用紙を透明のポケットに入れて、B5のルーズリーフファイルに綴じました。

用紙は、小学校で使っていたノートの、未使用になっていた部分を破いて利用。

(学年の最後に、使い切れなかったページ。裏表に線が印刷されていて便利。)

透明のポケットの上から書き込める、極細ホワイトボードマーカーも用意しました。

 

f:id:SpicyChai:20200706160940j:plain

(角度や長さを求める時など、ポケットの上からマーカーで、何度も書けます。)

 

単元ごとファイル

まず、作り始めたのは、6年生のテキストに載っている問題のはじめからでした。

(塾の学年は2月から始まるので、その時から。)

それぞれの単元で出題される形式を、理解しながら進めるために、塾での進み具体に合わせて作っていきました。

 実際の入試で出る範囲というのはとても広いのですが、少しずつ増やしていったので、

なんとかなりました。

(「後からまとめて」よりは大変ではない。)

 

 【図形】

透明シートで問題の図形を写し、マスキングテープでノートに貼っていました。

自力で図を書こうとしたら、何倍も時間がかかってしまったので。😅

(この時はまだ、家にプリンターが無くて、たまたまあったシートを利用しました。)

f:id:SpicyChai:20200706161356j:plain

(単元ごとに、問題のすぐ後に解説のページを入れました。)

f:id:SpicyChai:20200706162158j:plain

 

【文章題】

子供が興味のある物に置き換えたり。

文は、意味が分かる範囲で省略して記入しました。

f:id:SpicyChai:20200706163113j:plain

(問題は、できるだけ詰めて、解説には、思う存分スペースを使っていました。)

f:id:SpicyChai:20200706163755j:plain

(それでも、裏にも書けるので枚数が増えすぎないのです。)

f:id:SpicyChai:20200706164216j:plain

(問題部分に、日能研でもらったプリントを貼ったり。)

f:id:SpicyChai:20200707153511j:plain

 

夏期講習テキスト・共通問題ファイル

授業で扱ったのは、クラス別問題だけだったので、共通問題は家で取り組みました。

(6年生の夏期講習は2教科《国・算》だけにしたので、時間が使えました。)

この共通問題というのは、算数の最後にまとめられているもの。

「総復習+α」の内容で問題数が多く(428問‼)、解答のみをバラして、ファイルにまとめました。

 

(フリクションペンで、書き加えていきました。)

f:id:SpicyChai:20200707155016j:plain

 

夏休み中、私自身はこの解説の記入に追われていたのです!

子供が取り組む問題数(1日あたり)を決めていたので、それに間に合うように、と。

 

(あまりにもページが多くて、ファイルが2冊になりました。)

f:id:SpicyChai:20200707154144j:plain

 

1問1問、もっと「効率のよい方法」「解きやすい方法」はないか?と、探す毎日。

そのためか、親に、中学入試の算数力が、ぐんとついたのでした。

9月以降に、過去問を解く際にも、この時の経験が役に立ちました。

子供は、他の教科もあり、時間も限られているので、そこまでは…

でも、受験が近づくにつれて、みんなも頑張っている中で、算数の成績が伸びていったのは、この時の「繰り返し」が基礎になっているのではないかな、と思います。

 

 (紙を貼って直したところもありました。 ↓)

f:id:SpicyChai:20200707154604j:plain

 

過去問・一行問題ファイル

受験校の過去問で、大問の前に出題されている短い問題。

次に同じような問題を解くとしても、間違うであろう問題を集めました。

 

時間短縮のため、できるだけ問題や解説の図を、そのまま利用しています。

(過去問の問題も解答も、すべてコピーする必要があったので。)

 

図形・文章題・計算・単位 で大まかに分け、それぞれで通し番号を振り、「問題・解説」の順にファイル。

できた問題の番号に丸を付け、すべて丸にすることを目標にしました。

(丸が増えると、自信もつきます。)

 

【図形】

マーカーで書きながら考え、何度も消してやり直し。

f:id:SpicyChai:20200707160607j:plain

(↑ 解けてうれしかったのかな?)

 

(まず、ポイントを簡潔に書いてから、解説を書いていました。)

f:id:SpicyChai:20200707161421j:plain

 

【文章題】

文章だけだと、1ページにたくさん貼れます。

書いた方が速い場合は、雑な字(大急ぎ)で書いていました。

この時には、家にプリンターがあったので、パソコンで打って印刷した方が速かったかも…

(しかもキレイ!)

でも、問題は日々少しずつ増えていくので、手書きの方が、無駄は少ないのでした。

 

f:id:SpicyChai:20200707162443j:plain

(↑ プンプンした顔と、「しんちょうにしろー!!」という心の声?)

f:id:SpicyChai:20200707163326j:plain

 

【計算】

ここに集めたのは、解き方を知っていたら速く正確に解ける、という特殊な問題。

かわいい付箋で印を付けたりもしていました。

f:id:SpicyChai:20200707163903j:plain

(そんなに驚くようなことが…?)

f:id:SpicyChai:20200707165131j:plain

 

【単位】

もともと単位換算は苦手でしたが、他にも対策をしていたので、ここに載せている問題は少なかったみたいです。

f:id:SpicyChai:20200707170457j:plain

f:id:SpicyChai:20200707171515j:plain

過去問・大問ファイル

同じ問題が出ることは無いのですが、過去問を完璧に解ければ、新しい問題にも対応できるはずと思い、理解して解けるようになるまで繰り返しました。

どれぐらいの思考能力を問われるのか、その学校がどのような内容を大切と考えているのか、が表れているので。

2学期以降の日能研の模試で出題された問題も、選んで集めました。

(類題が出題される可能性が高いと考えて。)

 

f:id:SpicyChai:20200707171838j:plain

(↑ うれしそうな笑顔。😄)

f:id:SpicyChai:20200707172549j:plain

結局、全部で100問以上になり、 大問ファイルも2冊でした。

(ファイルごとに通し番号をふっていました。)

 

ケアレスミスへの意識を変える

ケアレスミスというのは、子供が、「惜しかった!」「本当はできた」問題として扱いがちだと思います。

考え方は分かっていたのだから~、と。

でも、本当は違うんですよね。

 

算数の問題を解くにあたって、子供自身が、次のことに気付くことが重要だと思います。

(親がクドクド言うのでは無い。)

 

ケアレスミスをしてしまった問題というのは、他の人も理解している問題。

ミスをするかしないかが問われている問題だった。

  

それなので、理解できている問題でも、ミスをしない解き方を工夫して、点数を取れるようにする練習が必要だと感じました。

自力で考え、分からなかったら解説で確認して、解けるようになるまで繰り返す、ということ。

そして、その進め方は、子供それぞれに合った方法で良いと思います。

  

f:id:SpicyChai:20200707165649j:plain

 

受験で・・・

実際の入学試験で、問題を持ち帰れる学校があったのです。

それを、受験が終わってしばらくしてから、私が解いてみたら、驚くほど良くできていました。

(子供が小学校に行っている間に。)

 

余白をうまく利用して、途中式や図などが書かれていたので分かったんです。

緊張したであろう試験時間中に、ここまで…と、様子が目に浮かぶようでした。

1年前では、とても考えられなかったことなので、本人の頑張りが伝わってきて、本当にうれしかったです。

 

実はこの中学校は、不合格で、ずっと心に引っ掛かっていたのです。

子供も、気になっていたと思うので、「すごく良くできていたよ!うれしかった!」と伝えました。

(「じゃあ、なんで不合格…?」となるのですが、あと1、2問の違いだったようです。)

 

子供も親も、合格・不合格でしか判断できないことがほとんどですが、問題を見直したことで、成長を感じることができました。😳