【胃カメラ】飲み込んできました ①まさか私のおなかに?

とうとう、胃カメラ経験者です。

 

おそるおそる受けた、胃カメラの検査。

そして、気付いたことが、いろいろありました。

 

何かしらの理由で、胃カメラを飲むことになった方。

または、その他の検査を受けようと思っている方。

少しでも、ご参考になれば、と考えています。

 

怖がらせるようなことを目的とした内容ではありません!

むしろ、逆のことをお伝えしたくて、書きたいと思っています。😉

 

いきなり精密検査が必要になった

お腹が痛いとか、

食欲がないとか、

そういう体調の変化があった訳ではありません。

 

先日受けた、健康診断のせいです。

追加で、「ピロリ菌の検査」を申し込んでいたのでした。

いないと分かれば、安心感が増すのではないかと。

 ピロリ菌は、「体調不良や様々な病気の原因になる」と、証明されていますから。

 

(↓ ちょっと生意気そうなピロリ菌のイラストで、説明されています。)

www.pylori-story.jp

 

もちろん、「ピロリ菌さえいなければ、大丈夫」という訳ではありませんけれど。

 

この検査については、前にも少しだけ触れました。

血液検査のついでに、ちらっと調べてもらえるので、「1度やってみてもいいかな?」ぐらいの、軽い気持ちで受けられるのです。

正直なところ、胃のX線検査を免れたかったというか...

「今回は、ピロリ菌検査をがんばります!」

と、家族(と自分)を納得させたかっただけです。😅

 

f:id:SpicyChai:20210608121111p:plain

(image: mcmurryjulie)

 

そして今回、その結果が、「要精密検査」となってしまいました。

 でも、私としては、こんなことは予想外。😨

今まで、消化器系に不安を感じたことはありませんでしたから。

 

とりあえず放置したい

それなので、結果を受け取っても、全然納得できずにいました。

(ちなみに、他の検査項目は問題なし。)

しかも、検査結果と一緒に、1枚のプリントも添付されていました。

その内容は、このピロリ抗体の基準値を、厳しめに改定したとのこと。

10.0U/mlから3.0U/mlに変更したようです。

(ちなみに、私は4.0U/mlだったので、おしいところ。)

そのせいで、「あたかもピロリ菌がいるかのような」結果になってしまったという可能性も考えられるかと...🤨

 「とりあえず、そっとしておくか」と、様子を見ることに。

  

でも、家族は見逃してくれません。

さっそくP氏が、健康診断を受けた「ヘルチェック」の「受診後のお問い合わせ」に、電話をしていました。

(それを、他人事っぽく感じていた私。電話は苦手だし。)

ところが、担当者に「本人じゃないと、詳しい話はできない」と言われ、私が替わることになってしまったのです。

まあ、それならそれで、

「ピロリ菌が陽性かどうかも、胃カメラ検査の必要があるのかも、現時点で確定している訳ではない」

と、担当者から直接聞けるかと...

そう思って、気になることを質問してみました。

でも、「最寄りの専門医の診断を受けて下さい。」と言われるばかりで。😫

 

f:id:SpicyChai:20210615113523p:plain

(original image: hpandora)

 

私が望むようなお返事が聞けないだけではなく、

「ヘルチェックで精密検査をしてもらうために、少々厳し目に結果判定をしている」
という可能性もなくなりました。😯

 

横で聞いていたP氏は、消化器内科医院をネットで調べ、「今後どうしたらいいか」を具体的に電話で相談していました。

早いっ!

 

f:id:SpicyChai:20210608121626j:plain

(original photo: Jessica Lewis) 

 

私とは違い、「胃の除菌をしなければ解決しない」と思い込んでいる様子。

「本当にピロリ菌がいるのかどうか」には、何の疑いも持っていないのが不思議でした。

(ほとんどの人は、それが当たり前なのでしょう。検査結果のせいです!😭)

 

いきなり除菌はしません

 そして、「《胃カメラ→呼吸器検査→除菌》の順番になるらしいよ」と。

「胃カメラ検査をすることで、その後の診療が保険内になる」と、看護師さんに言われたそうです。

 「こういうことは、早い方がいいからね」と促されて...

「とりあえず、心の準備が...」などとは言えなくなってしまいました。

 

というのも、このP氏はこれまで、胃カメラを始め、様々な検査を受けてきたのです。

それも、自ら率先してです。

(少し体調が悪いと、重症なのではないか、と心配するそうで。)

そして、「検査が大変だった」などの愚痴も、聞いたことがありませんでした。

 

そんな相手に、胃カメラごときで、ガタガタ言えないというか...😧

(私にとって、胃カメラは大ごとなのですが。)

もちろん、早期に手を打っておけば、結局は、それが1番ラクなのでしょうし。

そのための健康診断でもありました。

(今さらなんですけど...)

私としても、取り返しのつかないことになると、子供のことがまだ心配で...

思い切って、そのクリニックに行くことにしました。

  

私はその時点でも、「これは何かの間違いなんじゃないか」という気持ちが8割。

それなので、「とりあえず専門医に相談すれば、はっきりさせられる」とも思ったのです。

幸い、そのクリニックというのは、確かに評判もよさげで、行きやすい場所。

(ヘルチェックよりも、ずっと近い。)

そこに行けば、「これ以上の検査は必要ないよ🙂」と、言ってもらえることになるんじゃないかな、と期待していたのでした。

 

 

長くなってしまったので、次回に続きます!

 

f:id:SpicyChai:20210615112916p:plain

   (original image: OpenClipart-Vectors)

 

 (↓)健康診断については、こちらに書いています。 

www.spicy-chai.com