【家庭学習】 朝型勉強にして、2か月たちました

hot_chocolate_1505901451

「基礎勉強」をするために、今年7月から「朝勉(朝型勉強)」を始めました。

なかなか手が回らなかった「基礎勉強」

「読み」「書き」「計算」が大切なのは、分かっていましたが...

塾通いが続く中、基礎的な勉強までこなすのは、難しい!

科目ごとの復習が、どうしても最優先に感じられてしまいました。

目の前に予定されているテストは、その範囲を理解すれば、即点数につながりますし。

「今週の内容に取り組むチャンスは、もう無くなるから、できるだけやっておかないと!」という思いもあり。

「今やらなくてはいけないこと」が常に多く、それが未消化なまま、基礎勉強にかける時間が取れなかったのです。

睡眠時間を確保しつつ、勉強の効率を上げる方法

夜は子供を、「5分でも早く寝かせてあげなくては」と、いつもあせっているので、これ以上勉強の時間を取るのは無理だと、あきらめ状態。

夕食後の勉強 → どうしても寝る時間が遅くなる → 朝はできるだけ長く寝かす

という生活でした。

でも、それなら逆に早く寝かせて、その分早く起こして勉強できないかな?と、思い付きました。💡

自分の経験から、30分早く休めると、翌日の体調が全然違うという実感がありましたし。

睡眠時間が同じでも、家事などが、かなりはかどるのです。

(もしかしたらもっと、子供の体調面にも良い効果があるかもしれない!)

ただ...1番の問題は、私が早起きが苦手ということでした...

娘はむしろ、小さい頃から寝起きがよく、朝から元気なのに。😀

 必要に迫られた早起き → 実行

そんな私たち親子が、「朝勉」を始めることにしたきっかけがありました。

ずっと「早起きなんて絶対に無理!!」と思っていた私が、7月から早起きしなくてはいけなくなったのです。

そのため私自身が、今までよりも「さらに早寝し、早く起きる」生活にしていかないと、体がもたない🙁と感じ、生活習慣を少し変えることになりました。

 

 そういう訳で、7月の2週目から、いきなり「朝勉」を始める宣言をしました。

前の晩に、「明日からは朝、勉強するから、今日はここまで!」と、夕食後の勉強を早々に切り上げるという方法で。

でも、急に早く寝付けるわけでもないので、前日の娘の就寝状況を見て、徐々に起こす時間を早めることにしました。

7、8月中の夏休みは、1日のスケジュールを少し変え、9月から新学期が始まり、また平日モードの「朝勉」を続けています。

実際に行っていること + 今後

朝食や着替え前に、「音読」「計算問題」「漢字」をしています。

音読は、日能研の国語の教科書と家庭学習用「栄冠への道」、計算問題と漢字は、家庭学習用「計算と漢字」を使っています。

手作りココアを1杯用意して、娘はそれを飲みながら。

20分間ぐらいにしているので、全く面倒がらずに前向きに取り組んでいます。

そして、それなりの効果も出ているようです。🙂

また、「基礎勉強」以外の勉強の効率も、良くなったと感じています。

今後は、もう少し時間を長くして、「朝勉」を30分間ぐらいにできたらいいかも。

さらに、「基礎勉強」以外の勉強も、少し朝に持ってこられたら理想的です。

でも、その後すぐに、学校での1日が待っているので、朝から疲れない程度に、様子を見ながら。

とりあえず今は、夏休み中に少し遅くなってしまった就寝時間を、早めることが最優先です!