【中学受験】夏期講習の代わりに自宅で勉強したこと

f:id:SpicyChai:20180408115746j:plain

5年生の夏休み、塾(日能研)の夏期講習には参加させませんでした。

以前、その代わりの「勉強計画」までは書きましたが・・・

今回は、実践と結果・感想を書いていきたいと思います。

 

以前の記事はこちら。 ↓ 
www.spicy-chai.com

子供の様子に合わせて

勉強時間

少々緊張気味に迎えた家庭学習初日。

いきなり予定通りにはいかないことが分かりました!

というのも、子供が勉強に1時間集中できないと分かったからです。😳

「1時間勉強→30分間休憩」の予定だったのですが・・・

そこで、「30分間勉強→15分間休憩」を繰り返すことにしました。

集中してできなければ、時間が無駄にかかりますし、そんなヒマはないのです。

(考えてみたら、大人だって興味のないことを1時間ずっと集中してできるはずがない!)

短い集中時間をつないで、結果的に1時間続けられるようになれば良いと思っています。

再カリキュラムテスト

テスト形式で取り組ませるカリテも、予定通りに実行するのは難しいことが判明。

「午前に4教科すべてを行い、午後は見直しをする」という予定でいたのですが。

(これは、普段の塾での試験スケジュール通りが良いかと考えて。)

でも、1回目に予定通り実行したら、かなりキツそうだったので、2回目からは、午前に2教科(算数・社会)、午後に2教科(国語・理科)と分けました。

(娘の場合は、算数と社会を、朝の元気な状態で受けた方が良いと判断。)

「1教科終了→30分間の休憩→次の教科」という風にしました。

①勉強したことを本当に理解しているのかどうか確認するためと、

②時間制限のあるテストの感覚を忘れないために、

計画していた再テストなので、これでも十分。

(でも・・・7日間に1度の休日というのは、幻となりました。😣)

範囲をひと通り復習するまで、前向きに続けることを最優先に、様子を見ながら勉強予定を変えていきました。

ちなみに、カリテをもう1度テスト形式で解き直す方法

前もって準備が必要です。 (↓)

*解答用紙の作成

理科と社会は、下のような解答用紙を手書きしました。

f:id:SpicyChai:20180407152203j:plain

パソコンで作った方が、きれいなんですけど・・・

テストで使用した解答用紙を見ながら、手で書いた方が早いのでした。

定規を使うのも面倒で、解答欄は波線にしました。

f:id:SpicyChai:20180407150552j:plain

 ↑ これは、グラフを書かせる問題があったので、方眼のメモ用紙を利用しました。

(定規で美しく書く自信がない・・・😅)

娘の字が、普段のテストよりも、なぜか丁寧に記入されていて、面白かったです。

国語と算数は、塾で受けた時の解答用紙の裏面を利用。

共通問題についてはそのまま使えますし、それ以外は、解答欄を少々修正して問題に合わせました。

(すでに使用した裏面が全く気にならないようにして、使う方法があります。)

国語は特に、理科・社会よりも解答欄が複雑なので、助かりました。

*問題用紙の準備

問題用紙への書き込みを消しておく必要もありました。

特に、算数の計算や、家で復習したときに、私が書き込んだ箇所など。

私は普段、消しゴムで消せる色鉛筆を使っているので、問題なく消せました。

テスト中

国語・算数の50分間と、理科・社会の30分間。

この時間、次の教科の解答用紙作成と問題用紙の準備や、終わった教科の丸付けをしていました。

夏休みを通して→休み明けの公開模試

私自身は、「結果を出さなくては!」というプレッシャーを常に感じていました。

「もし成績が伸びなかったら、自分のせいなのだから」と・・・

(子供の前では、そんなそぶりは一切見せませんけどね。)

そしてその結果は、夏休み明けの公開模試の成績ではっきりと出てしまいます。

それなので、「早く夏休みが終わってほしい」と思うことはありませんでした。

(毎日、大変だったのに😳)

「あと何日で、ここまで終わらせないと!」と、私は常にやきもき。

夏休み最終日頃には、「成績が(たとえ上がらなくても、)落ちなければOKでは?」などと、内心ちょっと守りに入ったりもしていました。

結局、9月初めの公開模試の結果は、今までで1番良い成績でした。

 

クラスのほとんどの子が参加した夏期講習。

もし、娘のテスト結果がボロボロだったら、「みんなが頑張っていた時に、完全に遊んでいた子」と思われてしまいます。

模試の成績は、クラス内順位もかなり良かったので、そういう意味でもほっとしました。

f:id:SpicyChai:20180407155017j:plain

実際、遊びもありましたが・・・ (↑ 自由人。)

それ以外の日は、勉強を頑張りました。 🙂

子供の変化

私の「わかるまで、絶対に教えてあげるね!!」という熱い(熱すぎる?)思いを、娘は夏休み初日から感じ取った様子。

「ダラダラしていたら、永遠に続いてしまう・・・😒」と悟ったようです。

夏休み前よりも、勉強を「理解すること・覚えること」として取り組めるようになりました。

また、新学期に学校や塾が始まってからも、家庭学習の時間が自然と増えました。

夏期講習に通っていたら、塾でめいっぱい勉強して、家では息抜きをする必要があったはずです。

でも、ずっと家で勉強していたので、家では「常に何かしらやること(勉強)がある」し、その「合間に息抜き(遊び)をする」という習慣がついていたのです。

その後、5年生の冬期講習・6年生の春期講習にも参加せず、家庭学習への前向きな態度は続いています。

夏休み直後の模試の成績だけではなく、得ることの多かった家庭学習期間でした。

 

(いろいろできました。 ↓ ) 

 

 (冬期講習については、こちらに書きました。 ↓ )

www.spicy-chai.com