【中学受験】5年生冬期講習・6年生春期講習に、行かない場合

f:id:SpicyChai:20180214191429j:plain

5年生の夏期講習には参加せず、家で勉強したことを以前書きました。

その後の冬休みも、塾(日能研)には通わず、冬期講習を申し込みませんでした。

(何もしなければ自動的に申し込みが完了するので、電話と書面で塾に伝えました。)

模試対策をしなければ!

冬休みは、これまでの模試の復習に時間を使うことにしていたからです。

これまで模試が終わるとすぐに、次のカリテ対策を優先してきたので、なかなかじっくりと見直せずにきてしまいました。

(夏休み中の最後にも、模試対策は予定していましたが、時間が足りず、結局あまりできなかったので。😯)

5年生の4月から12月までに受けた模試は、全部で9回ありました。

(5月・8月には無く、4月と12月にそれぞれ2回。)

それを毎日1回分ずつ復習していこうと決めました。

模試の見直し具体策

丸ごと全部見直すには時間が足りないので、正答率50%以上の問題で、不正解だったところを中心に見直すことにしました。

(できないといけない問題なので・・・)

 HP「my nichinoken」で模試ごと・教科ごとの解答欄に記されている正答率を参照しました。

そして、50%以上の正答率を、(問題や解答・解説と一緒に持ち帰っている)本人の解答用紙に赤色で書き込んでおいたのです。

そして毎日、4月分から順番に取り組みました。

追加で、正答率が低くても、「これは簡単にできるのではないか?」という問題も、時間の許す限り復習しました。

(特に算数。1度解いておけば、同じような問題が出たときに短時間ですむはず。)

また、理科と社会は、最後の大問の正答率が低いことが多いのです。

30分間という短い時間に、相当な問題数をこなさないといけないので、手が回らないことが多い様子。

難問という訳ではないので、こちらもできる限り取り組みました。

全体的な復習は可能?

日能研の冬期講習では、9月から12月までの授業の復習が主に予定されていました。

本当は家でも、夏休みのように、講習と同じ期間の復習もした方が良いに決まっているのですが・・・諦めていました。

夏休みにすませた1学期分の復習予定が、あまりにもいっぱいいっぱいだったからです。

2学期分の復習も、同じぐらいの量があり、それを短い冬休みにひと通りこなすことは、不可能だと・・・

でも実際は、基礎的内容に限定したら、復習もできました。🙂

学校の冬休みが17日間あり、その前後にも普段の日能研の授業が無い日が5日間。

全部で22日間のうち、2学期分18回の復習をしました。

学校や用事がある日は、授業の基礎復習を4教科1回分ずつ。

外出しなくて良い日には、午前に授業の復習、午後に模試1回分の復習をしました。

「1日も休みなく!😠」とまで思い詰めてはいないので、これぐらいがちょうど良かったです。

そして春期講習・・・

まだ先のことですが、参加しないことに決めています。

6年生の春期講習までは、ほとんど普段の授業の復習なので。

本人の学力に合わせて、家で復習を頑張っていこうと考えています。

 

しかし!、「これから日能研に入る予定」という方には、期間講習は特におすすめです。

娘は、4年生の冬期講習に参加したおかげで、5年生の2月から順調に塾生活を始められました。😃