【中高一貫校】中学1年生の夏休み

f:id:SpicyChai:20190829124215j:plain

                          (清津峡 渓谷トンネル)

 

もう少しで、夏休みが終わります。

新学期が近づくにつれて、子供は、

ずっと夏休みがいい!」と…

それはそうでしょうね…

家で居心地よく過ごしている、我が家の「つちのこ」。

そう思って当然でしょう。

学期中は、決められた時間に合わせて、すべて1人で解決しなくてはいけないのですから。

小学校の時も、子供が普通に学校生活を送っているだけで、

「頑張っていて、えらい!!😣」

と思っていました。

(コウペンちゃんみたい?!)

 

今までで一番の夏休み

親としても、長期休み中というのは、安定感があります。

困る羽目に陥る可能性が低いので。

小学校の時は、友達関係や先生とのやりとりで、子供にとって「納得いかないこと」や「うんざりするようなこと」が、日々ありましたから。

本人がいくら気を付けても、どうしても避けられないような困ったことが。

(みんな、そうだと思います。)

もちろん、いろいろ起こるたびに、「じゃあ、どうするか?」と話して、様々なことに気付いたり、成長したりしてきたのですけど。

 

今年、私立のA中学校に入ってからの1学期は、そういう悩みがほとんどなくて、本当にありがたかったです。

中学1年生ならではの、イベントもたくさんあって、私はしばらく前から、(秘かに)気をもんできたのですが、それぞれ無事に終わって…

A中学校に通えて、本当に良かったと考えています。

(私立の学校だから良かった、という訳ではなく。)

そうなると、新学期(の学校)について、あれこれ悩むことがないので、今年の夏休みは、今までで一番、心穏やかに過ごせたように感じます。

 

また、A中学校は中高一貫校なので、高校受験について差し迫って心配する必要がないのも、子供の心の平安に関係しています。

公立中学校に通っている友人たちは、夏期講習もありますし、それ以上に、2年半後に迫った受験に対して、不安が大きいはず。

中学受験の勉強の時のように、模試などもあるのでしょうし。

(高校受験については調べていないけど。)

親としても、中学受験に向けて、3年間ヤキモキしてきた後で、また高校受験となると、かなり厳しかっただろう、と考えています。

中学受験をしていなかったら、「とうとう自分の出番が来たぞ!😤」と思って、サポートに燃えていたはずですが…

中学受験で、たくさん燃えた後で、また燃え続けるのは、私には厳しかったかもしれません。

(必要に迫られていたら、自分を追い込んで、頑張ったとは思うけれど…)

 

夏休み中の勉強

子供は、活動があまりないクラブを選んだので、家で過ごす時間が結構ありました。

それなので、勉強にも時間を使うことに決めていたのです。

(勉強する習慣を、ぷっつりと途切れさせない方が良いですし。)

 

「夏休みの宿題」は、早々に終わらせて、検定試験対策をしていました。

1学期に、英検と数検の4級を受験したので、2学期は、漢検も加えて3級です。

予定の無い日には、コツコツと問題集を進めてきました。

(まだ学校で習っていない範囲なので、英検と数検の勉強は、つきっきりで。)

一応、夏休み前に、1日の予定表は作ったのですが、それにそって厳密に過ごすことはなく、かなり気楽に取り組んできました。

というのも、子供の負担にならない程度の速度で、進めたかったからです。

 

もう1つ、毎日の予定に入れたのは、百人一首の暗記です。

こちらも、楽しく続けられるように、気を付けてきました。

 

 

もっと厳しいスケジュールで過ごしていたら、

「もうすぐ学校が始まる!やったー😆」

という風に、夏休みを終えられたのかもしれない、と考えたりしますが…

それはそれで、

「夏休み、全然満喫してないから、もっと休みたーい!😫」

 となる可能性の方が高そう…

 

 

検定試験勉強と、百人一首の暗記については、また改めて書きます。