『サード・パーソン』謎だらけ映画の真意とは? ①ローマにアンナ到着?

rome_1510133827

この数週間、映画「サード・パーソン(Third Person)」(2013年)のことを考えていました。

1つ1つのセリフ、行動、小物にまで、深い意味がある、この映画。

観終わった後も、「何か大事なことを見過ごしているんじゃないか」と、気になって気になって...

ネットには、個人的な見解をまとめられているページが幾つかありますが、どれを読んでも私の疑問は解決しません。

映画の真意を理解したくて、謎解きに挑戦しました。

自分なりに考えた、「つじつまの合う」解釈をまとめていきます。

映画をご覧になった後、もやもやしている方は、ぜひ一緒に考えてください!

今回は、映画「サード・パーソン」公式HPにも明記されている謎についてです。

スコットがいるバーの前を、アンナが通る

ローマ滞在中のスコットが、「バー・アメリカーノ」の入り口から外を見ている時、アンナが車で通りかかるという、映画最初の方の場面。

でも、アンナは、作家に会いにパリに来て、空港から街中心部のホテルまで移動している場面のはず。

ホテルの送迎専用車らしいベンツ内で着替えているアンナは、最後の仕上げ中。

時間は、アンナが着替え前に見た腕時計が10時17分ごろ。

スコットがバーに入店した時刻は、TVニュース画面の14時02分。

2都市の間に、そんな時差はありません。

場所も時間も、全く違うはずなのに?!という不可解なシーンとなっています。

このアンナは、小説上の人物

これは、主人公の作家が、自分とアンナとのパリでの経験を、ローマでの出来事として小説に書いているからでは?と考えられます。

作家は、スコットとモニカの話と、アンナと自分との話を、「ローマで同時に進行する話」としているということです。

つまり、このシーンは、アンナが(パリではなく)ローマの高級ホテルへ向かう途中に、スコットのいる庶民的なバーの前を通っている、という「ふたつの話の接点」なのではないでしょうか。

その場合、時間はローマの14時過ぎとなります。

そして、このシーンは同時に、2つの物語のヒロイン同士の比較にもなっています。

手持ちのビニール袋などに、大量の持ち物を詰め込んで運んでいるモニカと、高そうな旅行バッグを、ホテルの従業員に運んでもらうアンナ。

客として入っているバーでさえ、差別的な対応をされているロマ族のモニカと、最高級ホテルで重要な客として扱われているアンナ。

ふたりの服装も、全く違います...。

第3者が見たら、幸せそうなアンナだけれども、実はそうではありません。

映画で描かれているとおり、アンナは、誰にも言えない秘密に人生を縛られています。

見かけだけでは本当のことは分からない、ということを暗示しているのではないでしょうか。

ちなみに...リモンチェッロ

「バー・アメリカーノ」でモニカとスコットが飲んでいたリキュール。

おいしそうでしたね。

南イタリアではどこにでもあり、お土産の定番品です。

それを知らなかったスコットは、イタリアの生活・文化への興味が全くない人物として、描かれていました。

バーに来る前、「さっさとイタリアを出たい」と、電話口で話していた会話と見事に一致しています。

モニカとの出会いによって、そんなスコットが変わっていくことで、物語をドラマチックに展開させています。