『サード・パーソン』謎だらけ映画の真意とは? ②メモ用紙と白バラ

new_york_1511343485

前回、主人公の作家は「ローマを舞台」にして小説を書いている、という解釈について書きました。

そうなると、映画「サード・パーソン」中、最大の謎である場面の説明が、ますます困難に感じられるのではないでしょうか?

ホテルでの、メモ用紙と、部屋いっぱいの白バラのシーンですね。

今回は、その点について書いていきます。

ジュリアが書いたメモの裏に、マイケルが電話番号を書く

ジュリアが、NYの高級ホテルで客室係として掃除している最中、携帯に大事な連絡が入り、慌てて部屋の備品であるメモ用紙に記入します。

でも、その紙を置き忘れ、その場を離れてしまう...。

一方、妻のエレインから電話がかかってきたマイケルは、彼女の新しい電話番号を書き留めるために、机の上のメモ用紙を探しますが、おもてに住所が書かれている1枚しかなく、急いで裏に記入します。

そして、そのおもての住所というのは、ジュリアが書いた内容なのです!

マイケルが宿泊しているのは、パリの高級ホテルなので、映画を観ている側は、

「どういうこと?!」と思うシーンです。

別々の都市で、同時進行している話かと思ったら、唐突な接点があり、そのせいでジュリアの話が急展開します。

ストーリー上、とても重要な「原因」なので、「どうしてこんなことになったのか」が気になる場面となっています。

ニューヨークのホテルで起こった出来事

超常現象「空間移動」が起こるような話ではないことは、みんな分かっています。

また、全く同じような話が、同じ日(メモは2013年9月27日、バラは29日か30日)に、NYとパリの高級ホテルで別々に起こるというのも、違和感がありすぎます。

(メモの日は、ジュリアの弁護士のスマホ画面に、2013年9月27日との表示。マイケルは襟付き黒長袖を着ている日で、別の場面でLINEメッセージを送った時、アンナのスマホに9月27日と表示されています。)

なんと作家は、「自分自身のパリでの経験をもとに、NYを舞台とした話も書いている」とすると、説明がつきます。

(「ローマを舞台にした話」と、「NYを舞台にした話」との関係は、また改めて書きます。)

NYでの作家(マイケル)とアンナの話は、「ジュリアを主人公とする話」と交錯します。

(NYの高級ホテルで)

残り1枚のメモ用紙を、客室係のジュリアが使った。(創作)

マイケルが部屋に帰ってきたので、ジュリアはメモを忘れて、慌てて去った。(創作)

↓ 

妻からの電話でマイケルがメモ用紙の裏を使った。

↓ 

アンナがメモを自分の部屋に持ち帰った。(←マイケルが妻に連絡できないようにするため)

ジュリアがメモを取りに戻ったが、もう無かった。(創作)

↓ 

マイケルから白バラを贈られたアンナが、もうどうでもいいとメモを捨てた。

↓ 

部屋から出て、廊下でジュリアとすれ違いざまに、アンナが挨拶した。(創作)【接点】

その部屋に清掃に入ったジュリアがメモを見つけ、白バラをめちゃくちゃにした。(創作)

(ジュリアがこのようなことをした理由は、また別の機会に...。)

まだ下書き段階のため、ラフな点が残っている

マイケルとアンナの登場するシーンは、作家の経験をもとにした、下書き状態なのだと思います。

それなので、場所がNYのホテルになっていないし、ジュリアとすれ違ったアンナは、フランス語で挨拶しているのではないでしょうか?

(このすれ違う場面は、NYのホテルの廊下となっています。)

3人の手に渡るメモ用紙も、同じ紙ではありません。

ジュリアが使ったメモ用紙には上部に「HOTEL (THE MERCER) AT PRINCE & MERCER」、下部に「NEW YORK」の文字が印刷されています。

マイケルが使ったメモ用紙のおもて上部には、「HOTEL St. Taeque's PARIS」と印刷されています。

番号をメモした裏に印刷はありません。

でも、アンナが部屋に持ち帰ったメモ用紙には、マイケルが番号を書いた側の上部に「HOTEL St. Taeque's PARIS」と印刷されているのです!

ホテルのメモ用紙である点だけが共通していて、「まだ統一されていない状態」ということだと思います。

まず大まかに原稿を書くこと、そしてこの後、作家がどのように修正していくのかについては、映画の中にヒントがたくさんあるので、改めて考察したいと思っています。

今回の謎については、文章が長くなってしまったので、次回に続きます。 ↓ www.spicy-chai.com