【ホワイト・オランダー】① アリソン・ローマンの魅力にはまってしまいました!

oleander_1494481789

1月にレンタルしたディスクの中で、最初に観た映画です。

2002年アメリカ制作・公開なので、アリソン・ローマンは22歳頃。
主人公アストリッドの15歳頃から19歳頃までを演じています。
前の記事で書いた通り、もともとエミリア・クラークが好きな私は、彼女とアリソン・ローマンの共通点を探しながら観ていました。😉 

エミリア・クラークとアリソン・ローマンについて ↓ www.spicy-chai.com

 
(映画を観てから、ここから先は読んでください!↓)

 本当に似ているじゃない!と感じるのは私だけ・・・?

1番目の里親(ロビン・ライト)の家にいる頃、金髪ロングヘアー+薄化粧で、デナーリス姿のエミリア・クラークに、かなり似ていると感じる箇所がありました!🙂↓ 
 
*その家に初めて来た日の夜、外で実母(ミシェル・ファイファー)を想い、泣いているシーン
*里親を続けられないと言われ、自分を追い出さないようにと、里親を説得するシーン
 
エミリア・クラークよりも線が細いかな?
映画を観ながら、アリソン・ローマンの魅力に、ますますはまる私でした。😆

奥行きのあるシーン、そして「母との対決」

原作が良いのでしょうが、映画でも、それぞれのキャラクターの思いや行動が、きめ細やかに描かれていて、映像として表現されているシーンに奥行を感じました。
クライマックスは、アストリッドの「母との対決」ですね。😠 
 
実母ときっぱり縁を切り、3番目の里親(スヴェトラーナ・エフレモヴァ)+別の里子2人で、すさんでいるけれども精神的には自由な生活を送っていたときです。
母の弁護士が、裁判で母に有利な証言を、アストリッドにさせようと訪ねてきて・・・
 
アストリッドには、昔から気になっていることが幾つかありました。そのことについて、母からまともな答えをもらうチャンスは今しかない! 🙁と思ったのでしょう。
証言をする約束の代わりに、自分の質問に答えるようにと、母親に取引を持ち掛けます。
 
①まず、父親のこと・・・そして母から聞かされたのは、↓   
・アストリッドが生まれて半年で、母子を捨て、出て行った。←悔しくて隠していた。
・アストリッドが8歳の時に会いに来たが、母が会わせず追い返した。←娘の気持ちは無視 。
 
②次に、アニーという女性(アストリッドがよく肖像画を描いているが、名前と顔だけしか分からない人)のこと・・・↓ 
・アストリッドが幼い頃に、(母が子育てから逃れたくて、)娘を置き去りにした家の女性。
・母が、約1年後に迎えに行くまでアストリッドの世話をしてくれていた。
 
母の告白は、言い訳がましいものでした。😕
アストリッドの言うとおり、母は全部自分の都合ばかり優先させてきたのです。
元恋人のバリーを殺害したことも、それで娘がどうなるかなど、全く考えていない身勝手な行動でしたから。
 
これまでと同様、自分は悪くないと開き直る母に、アストリッドは、「すさんだ生活をしている自分を元に戻したかったら、(偽りの)証言なんてさせないで」と対決します。
自分自身(母が刑務所から出ること)を犠牲にしてでも、娘(の人生)を優先できるのか?という、究極の選択を突き付けたのです。😟
 
その場で即答できなかった母は、自分の身勝手さや、自分で信じようとしていたほど、強くて立派な母親ではないことに、初めて気付いたのかもしれません。
 
結局、裁判の日に、母が娘に証言をさせないと決め、やっと母の束縛から解放されたアストリッド。🙂
 
幼い頃置き去りにしたことを話しながら、涙を流した母は、本当は自分自身に甘く弱い、母親としては普通の女性だったのかも。  
そして、証言をさせなかったことで、自分が理想とするような強い母親になろうという意思を見せたかったのかな?
(もしかしたら、母親のプライドが優先しただけかもしれないけれど・・・)

気持ちのいいハッピーエンド

つらい生活の中での唯一の希望は、青少年用施設(マッキニー・ホール)で出会った、ポール(パトリック・フュジット)という少年の存在です。😮
里子として行く先々で、アストリッドの服装や髪型ががらりと変わりますが、外見は気にせず、しつこくない程度に寄り添ってくれていました。
 
アストリッドが唯一心を許し、頼ることができる相手と出会えたことで、「自分勝手な母親の束縛からの解放」だけではない、未来への希望が感じられるハッピーエンドになったと感じました。😃