【紫外線対策】UVカット・ハットは、ここまで進化❕水陸両用帽子です

暖かくなってきました。

うれしいです。😊

 

同時に、日差しも強くなってきました。

でも、大丈夫です。😙

 

史上最高の「日よけ帽」を手に入れましたから!

 

これまでも書いてきたとおり、紫外線にはずっと、敵対してきた私です。

そのため、紫外線対策用ハットも、たくさん物色してきました。

そして、つい最近、「5代目」となる帽子を手に入れたのです。

あらゆる面で、理想にぴったりだったので!🤗

もう一生、このUVカット・ハットだけでやっていけそう....

 

今回は、この「5代目さん」(↓)の特徴と機能について、書いていきたいと思います。

  

f:id:SpicyChai:20210327155840j:plain

包装時の、「折りジワ」がありますけど....

 

 

 

UVカット能力

紫外線対策グッズなので、1番大切なことですね。

このハットの生地は、「UPF50⁺」です。

50%カットじゃないですよ!

 

「UPF」というのは、国際的に認められている「紫外線保護指数」の基準。

「UPF50」の布などで防いだ場合、浴びる紫外線を、「50分の1にできる」と考えて良いと思います。

(50%カットは、2分の1にすることなので、全然違いますね。)

 

50分の1だけを透過するとしたら、

計算上では、49/50×100%で、98%カットとなります。

 

さらに、最高レベルの「UPF50⁺」となると、それ以上ということですから。

ほぼ100%カットということになります。

しかも、紫外線のA派とB派の両方。

頼もしいです❣

(もちろん、下からの照り返しに対しては、日焼け止めの併用が必要。他のハットも同じですが。)

 

また、この帽子は「ふち」が広く、この生地で作られる陰が大きいのも重要なポイントです。

 

私の日除け帽「1代目」は黒、「2代目」は焦げ茶(ふちが広め)でした。

これらを手に入れた時には、UVカット生地で作られた、タウン用ハットというのは、ほとんど無くて....

日差しを遮れる濃いめの色にしたのです。

でも、黒や焦げ茶は、熱を吸収してしまうので、真夏の炎天下には不向き。😓

淡い色の生地で、UVカットできる帽子というのは、あらゆる場面で使えて助かります。

 

(本体に付いていたタグ。↓ )

 

f:id:SpicyChai:20210329123909j:plain

(右上の表示にも、注目です!🙄)

 

水陸両用

この言葉からは、こういうのが、まず浮かんでしまいますが...?

(↓)

f:id:SpicyChai:20210323164131j:plain

 

実際、この帽子をかぶって潜ったり、泳いだりしている様子を思い浮かべて、可笑しく感じてしまいました。😆

水の抵抗で、うまく進まなさそうですから。

「激しく泳いでも脱げない」という訳でもないでしょうし?

 

実はこの「水陸両用」という言葉、「水に濡れても色落ちしにくい」ということでした。

 (別のタグ。 ↓ )

 

f:id:SpicyChai:20210329123007j:plain

 

プールや海など、「水がかかる所でも使用できる」ということらしいです。

確かに、この帽子をかぶって、頭を水から出した状態で遊べたら、日よけ効果がかなり高いでしょう。

 

水際で使用する予定がなくても、これは「洗濯を繰り返しても色落ちしにくい」という特徴にもなっています。

丸洗いできない帽子を、使い続けることには抵抗がありますし。 

自宅で洗えるという仕様は、重要なポイントです!

 

しかも、洗濯機の使用可能は、とってもありがたいです。

色落ちだけではなく、型崩れや、縮みの心配をせずに、手軽に洗えるということですから。

 

「1代目」の黒と、「2代目」の焦げ茶は、洗濯して色が薄れてしまい、すさんだ(?)様子になってしまったので、使わなくなってしまいました。

色落ちでは、均一にではなく、ムラのある状態で薄くなってしまうので。😥

しかも、 「2代目」と、「4代目」の生成りは、洗濯で少しずつ縮んでいき、キツくなってしまいました。

  

頭にフィット 

サイズ調整可能

ハットは、大きさが合うかどうかが、重要になります。

私の場合は、フリーサイズだと、すっぽりとかぶれないことが多いのです。

「前髪を崩さずに、1番大きい頭囲でかぶりたい」というのもありますし。

(頭でっかちな訳ではない、と言いたい。👆 )

 

でも、この「5代目」は、ちょっと大きいサイズに作られていて、内側で調整ができるのです!

 

f:id:SpicyChai:20210327160929j:plain

 

平ゴムが、ひと回り通してあります。

「2代目」には、この機能の先駆けとして、ゴムではなくヒモが通してありました。

それと比べて、今回は、伸縮する点が快適に感じます。

また、縫い込まれている訳ではないので、ゴムが劣化したら、簡単に交換できるようになっていて良いです。

悪くならなくても、太さや色を替えたりもできますし。

 

結んだ髪を出せる

後頭部の真ん中あたりで、髪を結んでいる方は多いと思います。

(暑い時期は、特に!)

その場合、ハットの中に入れることになり、キツくなってしまうことが多いのです。

髪型も崩れますし。

ハットに入らない場合は、首のあたりの下の方で結ばなくてはいけなくなったり...

 

「5代目」には、後頭部部分にスリットがあり、髪の束を外に出すことができます。

そのため、頭にぴったりフィットさせてかぶれます。

 

外側から見た様子。(↓)

 

f:id:SpicyChai:20210328121648j:plain

 

内側から見ると... (↓)

 

f:id:SpicyChai:20210328121219j:plain

 

上半分だけ結んだ髪を出してみても、ちょうど良かったです。

 帽子自体が頭にフィットしていれば、通常の動きではズレることがなくて、快適です!

 

ヒモ付き

それでも、風の強い日には、飛ばされてしまう心配があります。

(そのような日というのは、意外と多かったり...)

 

この「5代目」は、長さ調節のできるヒモ付きである点も、選んだポイントなのです。

 

f:id:SpicyChai:20210330144441j:plain

 

左右のループに、しっかりとした部品が付けられています。

 ヒモも、クリップ自体も、劣化したら、簡単に替えられるようになっています。

 

f:id:SpicyChai:20210330144922j:plain

 

洗濯する際に、外せるのも良いですね。(↑)

ヒモの長さを調節する部品。(↓)

 

f:id:SpicyChai:20210330145359j:plain

 

ヒモも、部品も、シンプルで素敵です。

 

これまでの「1代目」「2代目」「3代目」には、ヒモがついていませんでした。

それが不便で、自分で縫い付けようかと考えたぐらいです。

でも、見た目が相当おかしくなってしまいそうで、結局できませんでした。

上の写真の「5代目」のような仕様を、思い付けば良かったのですが...

 

「4代目」は、幅広の(帽子と同じ)生地を、あごの下で結べるタイプにしました。

しっかりと固定できる点は、良かったです。

でも、結んだ布(生成り)に、ファンデーションが付いて目立ってしまうという難点はありました。

幅広なので、耳からあごまで覆ってしまうと、真夏には暑いですし。

 

 必要に応じて変形可

後ろを上げられる

 商品名にもなっている、「2WAY」というのは、後ろの部分を下ろしたり、上げたりできるということみたいです。

紫外線を避けるためには、後ろは下げている方が良いに決まっていますが...

本当に暑い日には、少しでも風が通るとラクになると思います。

 

これは、スリットの下のボタンで、しっかりと上げられれる仕様。

また、このボタンも、簡単に付け替えられる物です。

埋め込まれたスナップボタンなどではないので、扱いがラクだと思います。

 

f:id:SpicyChai:20210328122946j:plain

 

上品に。😉(↑)

 

このように畳んでしまうと、シンプルになります。(↓)

探検家っぽいかも。

 

f:id:SpicyChai:20210328123323j:plain

 

私などは、かわいさも重要なので、こんな感じが良いですかね。(↓)

  

f:id:SpicyChai:20210328123727j:plain

 

前と横も上げられる

実は、手にするまで知らなかったのですが、前から横にかけての半周分のフチには、ワイヤーが入っていました。

それも、テクノロートのように、形状を変えることができるワイヤーなので、持ち上げたところで固定できます。

フチの大きいハットは、どうしても視界が狭くなってしまいますが...

これは、状況に応じて、必要な部分を変形できて便利です!

 

f:id:SpicyChai:20210329163452j:plain

 

前を上げたところ。(↑)

横を上げたところ。(↓)

 

f:id:SpicyChai:20210329164308j:plain

 

こんなこともできます!(↓)

 

f:id:SpicyChai:20210329164615j:plain

 

「3代目」(これも、UVカットの生成り)には、フチ一周に、ワイヤーが入っていました。

薄い生地をピンとさせてくれる点が良かったです。

でも、硬くて曲がらないワイヤーだったので、フチの形状を変えることはできませんでした。

また、畳んだ時に、あまり小さくはなりませんでした。

 

持ち運びに便利

「5代目」は、フチの変形が畳む時にも扱いやすく、広がってこないので、コンパクトになります。

(↓)

 

f:id:SpicyChai:20210329165511j:plain

(ボンヌママンの225グラムの瓶と並べて。)

 

気軽に持ち運べるので、使う頻度も上がります。

今後の、「5代目」の活躍に期待です!

 

f:id:SpicyChai:20210323115258j:plain

 (original photo: Asad_photo)

 

 

今回は、助かる機能満載の、UVカット「5代目」ハットについて、熱く語ってみました。

 同じ物ではなくても、紫外線対策帽子を選ぶ際の参考にしていただけたら、うれしいです。😊

 

 

 私が購入した時、このハットは、ネットショップでは販売されていませんでした。

でも、現在は一部のお店で扱われているようです。

色違いのグレー。(↓)

 日傘も、学生時代から愛用しています。

現在使用中の、「日傘6代目」はこちらです。(↓) 

(「アンティークゴールド」で、男女問わず使えるデザインだと思います。)

 日傘は、子供など、一緒にいる人にも、日陰を作ってあげられて便利です。

 でも帽子の方が、安全に使える場所は多かったりします。