【中学受験】志望校判定テスト 渋谷で受験しました ①試験前

f:id:SpicyChai:20180627173627j:plain

先週末の6月24日、渋谷教育学園渋谷中学校会場で、模試を受けてきました。

午前か午後のどちらか選べたので、午後を希望しました。

午前は8時45分集合、12時10分まで。

午後は13時30分集合、16時55分まで。

普段通っている日能研で模試を受験する際は、試験後の振り返り(見直しや反省)の時間がありますが、外部会場では、ありませんでした。

それでも、集合から試験開始まで15分間の余裕があったり、試験の合間の休憩(3回)は10分間ずつで、子供の拘束時間は長めでした。

子供を送り届けるまで

渋谷には、地下鉄を利用して向かい、ギリギリまで地下通路を通って、地上に出ました。

(人混みをできるだけ避けたかったので・・・)

一番近いのは、13番出口ですね。

出口の前の横断歩道を渡り、そのまま直進5分間ぐらい。

(上の写真は、その途中の渋谷キャストの前にある矢印モニュメントです。)

集合時間の30分以上前に着きましたが、会場は準備ができていて、子供たちも次々と到着。

保護者とは建物の入り口で別れ、その先は子供だけしか入れないとのこと。

直接、係りの方に確認したのですが、試験中に親が待っているようなスペースはありませんでした。

 

集合時間まで、まだ余裕があるので、しばらくそこで娘と一緒にいようかと考えていたのですが・・・

娘は少し緊張した面持ちで「頑張ってくるね!」と力強く言い残し、さっさと入って行ってしまいました。

 

(後で聞いたところ、トイレで列がかなりできていたようで、早めに行って良かったようです。)

教室に着いてから、持参したテキストなどを見直すこともできたそうです。

(早く着いても、復習しながら待っていられたことが分かりました。)

会場に着いた親子の様子

私は、「もしかしたら、(何か困ったことがあったりして)娘が戻ってくるかも?」と思い、しばらく入り口付近の隅の方でじっと様子をうかがっていました。

その間、たくさんの親子がそばを通ったのですが・・・

親の方がハラハラしているというか、まるで子供と1週間ぐらい離れ離れになるかのように、心配そうな様子なのです。

子供を抱きしめている家族もいました。

別れた後で、心配そうに「中の様子を見てこようかな」と言うお母さんと、それに対して、やんわりと引き留めているお父さんもいたりして。

親たちは、「大事な宝」というように子供を連れてきていました。

それが、とても嬉しかったです。

子供の方はというと、緊張気味ではあっても、気持ちは試験へと向かっていて、むしろ親よりもしっかりしているというか・・・

 

たくさんの親子の様子を見て、中学受験本番のような「気合いの入りよう」であることに気付きました。

 私も、日能研入塾後から、テスト1回1回を、大切にしてきましたが・・・

みんな同じように(もしかしたら、ウチよりもずっと)頑張っているのだと感じて、刺激を受けました。

 

次々と迫ってくるテストに、疲れ気味の私でしたが、また、元気に協力していけそうです。

忘れ物!

15分間ぐらいそんな様子を見ていたら、ふと、腕時計を渡し忘れたことに気付きました!

今回の試験に必要な持ち物は、

・「受験票」(授業の日に、通っている教室で子供に渡されました)

・「筆記用具」

・「腕時計」

の3つだけだったのに!

娘用の腕時計は無いので、会場に着いたら、自分が付けているのを渡す予定でした。

それをすっかり忘れてしまっていたことに、今さらながら気付いたのです。

でも、入り口には複数のスタッフさんがいて、水筒を保護者から預かったりしていました。

私も思い切って聞いてみたら、子供に渡してもらえるとのことで、お願いしました。

(娘はというと、教室に入ってすぐに腕時計のことには気付いたけれど、教室の時計があるので気にしなかったそうです。)

準備万端で出掛けたはずなのに、緊張していたのか、全く気が回らなかった私でした。

 

 

(↓) 長くなってしまったので、試験後の様子は、こちらに書きました。

www.spicy-chai.com