【中学受験】入学するまでの不安と解消

今年の中学受験も、東京はそろそろ終わりです。

とても他人事とは思えず、そわそわ過ごしていました。

そして、うちの受験が終わった2年前のことを思い返したりしています。

 

f:id:SpicyChai:20210206115715j:plain

 (original image: Mohamed Hassan)

 

 受験直後の私

子供の前では、常に普段通りに振舞っていましたが…

(いつも通りやさしく!でも、わざとらしくならないように。)

実は、家でひとりになると、気持ちに押しつぶされてしまっていた私です。

それは、自分自身を責める、後悔のせいでした。

 

結局、私立のA中学校に入学できることになってはいたのです。

しかも、その学校は、心配事が1番少ない環境でした。

でも、子供が期待していたのは、第1志望のB中学校に入学すること。

それなので、B中学校を最優先の目標にして、私も全面的に協力してきましたが…

残念な結果になってしまいました。

 

この受験に関して、「こうしてあげれば、良かったのではないか」と、私が特に後悔していることが1つあったのです。

そのことを考える度に、子供に対して、申し訳なくて、申し訳なくて…😣

そもそも、私が提案したことでも、ひとりで決めた訳でもないことなのですが。

でも、全力で反対して阻止するべきだったんじゃないか、と考え続けて。

(試験のスケジュールに関することです。)

受験が終わってからずっと、自分を責める気持ちでいっぱいでした。

子供の役に立てなかった……と。😔

 

その後、1年ほど経ってやっと、「それだけですべてを台無しにした訳ではないかもしれない」とも思えてきました。

合否に影響したであろう、子供自身の選択について、いろいろと思い出したことがあったのです。

合格を獲得するために、「できることは何でもする」というまでの意思は無かったこと。

(他の事を犠牲にしてまで、受験する気持ちは無かった。)

当日の試験でも、「1点でも多く取る」という、執念を持てなかったこと。

(違うとは思ったけれど、「こっちの方が自分の好み」と思って答えた、という問題があったり。😓)

もともと、子供はこだわりの強いタイプで、その個性を失ってしまっては意味がないと考えていたので、これで良いのです。

身心共に健全な状態で、その都度ギリギリできることを模索して、迎えた受験でした。

 

受験当日と、それまでの(親と子供による)様々な選択が、この時の結果に行き着いたのだと、今は考えています。

中学受験に向けた勉強や生活自体、個人で考えて選択しなくてはいけないことの連続でしたから。

もしかしたら、無駄も、後悔も、一切無い人というのは、いないのかもしれません。

 

受験後の相談

B中学校に行けないと決まった時点で、この後どうするのか、はっきりさせなくてはいけませんでした。

子供は、A中学校のことも、もともと気に入ってはいました。

でも、そのまま通うことにする前に、いったん考えることがあったのです。

 

というのも、B中学校は、高校からの募集もしている学校でした。

中学は、近所の公立中学校に通い、もう1度B高校に挑戦するのかどうか…?

そうせずに、A中学校に入学するとしたら、前向きな気持ちで通えるのかどうか…?

これを、はっきりさせる必要がありました。

(「ホントはB中学校に行きたかったのに~」なんて、イヤイヤ通わせることは、もったいなくてできないので。)

 

受験が終わって、1週間ぐらいは全く何も言わず、元の生活に戻ったところで、家族会議をしました。

子供の希望は、「A中学校に通いたい」ということでした。

1番の理由として、「またすぐに、高校受験に向けて勉強をするのは、大変過ぎる🙁」と。

 

また、B中学校は、「中学から通いたかった学校だった」という理由もありました。

私がネットなどで調べた評判でも、この学校は、中学からの入学者には評価が高く、高校からの入学者にはそれ程ではない、という印象でした。

(中高一貫校では、そういうことは多いのです。B中学校に関する、心配要素の1つでしたが。)

 

でも、A中学校に対して、いきなり前向きな気持ちに切り替えるのは無理そうでした。

(「高校受験をしなくてよい」ことを、まず理由に挙げた様子からも。)

それでも、子供の口から「近所の公立校よりはA中学校に行きたい」との希望は、はっきりと聞くことができました。

また、A中学校は「毎週土曜日に半日授業があること」も、念のため子供に確認して、「問題ない」と思っていることも、分かりました。

(近所の公立校も、授業や部活で、土曜日の登校は実際、同じぐらいあるのかもしれませんが?)

 

もちろん親も、A中学校は、いろいろな面で、1番安心して通わせられそうな学校だったので、前向きに応援する気持ちでした。

それでも、実際に通ってみなくては分からない、幾つかの不安も無い訳ではなく…

どのようなことを心配していたのか、そして、その不安が解消したのかどうか、具体的に、下に書いていきます。

  

学校を好きになれるかどうか

このような経緯があり、私立の中高一貫校に通う上で、1番不安だったのは、(子供にとっては第2希望だった)A中学校に、子供が「前向きな気持ちで通えるかどうか」ということでした。

 

直前の迷い

実は、最終的な入学手続や、制服の採寸後、子供の気持ちに揺らぎがありました。

「やっぱり、地元の公立中学校の方がいいかな…😟」と。

入学が近付いてきて、不安が、強くなったのだと思います。

自分だけ、知り合いの誰もいない学校に通うということに対して。

まだ12歳でしたし。

ひとりで電車に乗ったこともなかったのだから、不安になって当然です。

 

それなので、「とりあえずA中学校に通ってみたら?」と言いました。

行ってみてダメだったら、私立をやめることで、公立中学校には簡単に入れます。

逆に、公立に最初から行ってしまうと、もうA中学校に入る機会は失われてしまう…

 

両方試せるという気持ちで、A中学校に通い始めても良いのではないか、と思ったのです。

面倒な手続きなどはすべてクリアしていたので、そのチャンスを活かすことにして、A中学校の入学式を迎えました。

 

入学後

入学すると、「学校で1番優しいのではないか!」と思われる先生が担任になってくださって、まずホッとしました。

子供も安心して通い始められたと思います。

(しかも、学年主任の先生は、正真正銘の天使様!こちらにもいらしたんですね。😇)

さらに、同じ日能研の教室から入学した子もいることが分かったり、新しい友達もできたり。

子供が感じていた不安は、薄れていきました。

幸運なことに、何か心配事があっても、その度に、親しくしてくれる友達がいたり…

個人的に趣味が合うからと、声をかけてくださる先生とも出会えたり…

本当にありがたく感じています。

 

様子見を続ける

でも、だからといって私は、B中学校ではなくA中学校で良かった、と考えたことはありません。

B中学校に通っていたら、それはそれで、充実した生活を送れていたかもしれないので。

(もちろん、今の状況ほど恵まれていたかは分からないので、これから変えたいかどうか聞かれたら、困るかも…)

 

高校に関しても、気が変わって受験したくなったら、協力したいと思っています。

1年生の最後ごろに、子供にもそう話しました。

そうしたら、

「受験しなくても、こんなにいい高校に行けるんだよ!」

と返されたのでした。

これには、びっくりするのと同時に、安心しました。

他の学校を羨ましく思う気持ちの無いことや、(高校受験をしなくてよい)現状へのありがたみを感じていることが、はっきりと分かったので。

(状況次第では、希望も変わるかもしれないので、今後もどうしたいのか、聞いてみようと思ってはいますが。)

 

休日にも、 学校指定の靴下を履いていたりする子供の様子を見ても、A中学校のことを気に入っているのではないかと推測しています。

(親としては、指定品は学校の日だけにしてもらって、長持ちさせたいんですけどねっ!😓)

 

勉強

 中高一貫校では、高校への進学がほぼ保証されているので、中学生時代に、勉強しなくても済んでしまうことがあります。

(大学附属で、その大学への進学率が高い場合、高校生時代も…)

でも、生活の充実具合は、「勉強に前向きに取り組めるかどうか」ということも重要な要素になると、私は考えています。

中学・高校時代は、学ぶことに時間を使うことができる、貴重な時期です。

生徒の本業である勉強から目をそむけていては、本当には満たされないと思います。

「自分は面倒なことから逃げている」と、日々感じて過ごすことになりますから。

 

A中学校は、頑張れば認められる仕組みになっているので、子供も勉強の重要性を感じている様子です。

また、生徒同士で、足を引っ張り合うようなことがなく(むしろ協力的で!)、勉強しやすい環境だったりします。

 

中学校からは特に、勉強でつまずくことが、学校に行きづらくなる原因になる可能性もあります。

「宿題が終わっていない」「小テストがあるのに勉強していない」など…

それなので、中学生になってからも、私が様子を見て、声掛けはしています。

「どういう風に進めたら、効率がよく、理解が深まるのか」を、ひとりで工夫できるようになるまで、と思って。

そして、小学生の頃よりも成長が感じられる、今日この頃です。

少しずつ、関わり方を変えられるようになって、私もラクになってきました。

 

通学

うちの子供は、小学生の時、バスや電車などの乗り物が苦手で、通学に関しては、特に心配していました。

「私立中学校に通いたい」という本人の希望を知った時も、この点はどうなるものかと。😯

もともとは、乗り物の匂いで、気分が悪くなってしまっていたのです。

でも、マスクをしていたら、匂いが薄れるそうで、途中で調子が悪くなるようなことはなく、すんなりと通い始めることができました。

そしてその後、しばらくしたらすぐに慣れて、なんともなくなってしまいました。 

  

また、登下校時にスマホを使えることで、とても助かっています。

位置確認アプリで、「今どこにいるのか」が瞬時に分かり、離れた所から見守れますから。

常にメッセージなどでやり取りできるのも、お互いに安心感が持てて良いです。

(スマホが無かったら、私は毎日ハラハラして、精神的に参ってしまったかも。😵)

地元の公立校には、携帯を持たせられないので、少し遠くても私立の方が、むしろ安心かもしれないと思ったりしています。

  

忘れ物

ただ、地元の方が、助かることもあります。

それは、忘れ物を届けられるということ!

よほどのことなら、少し離れた私立でも、持っていくつもりではいましたが…

でも、そのような事態になったことはありません。

(通学途中や学校で気付いて、何とか子供が対処したことは、数回あります。)

 

私は自分が、お弁当のお箸やスプーンを入れ忘れてしまうのではないかと、結構心配していました。

でも、今のところ、1度も忘れずに済んでいます。

「後から届けられないのだから!😠」と、気を張っているのが良いのかもしれません。

 

間食天国

あとはやっぱり、私立と言ったら、買い食いが心配でしたね。

構内に、ジュースの自動販売機もたくさんあるし、購買や学食ではデザートやお菓子を販売しているし、お菓子の自動販売機まであるし…

とにかく誘惑の多い環境なのです。😰

 

小学生時代は、3時頃帰宅して、おやつを食べるという生活だったので、中学では、帰る前にお腹がすいてしまうはず。

家では、「1日100キロカロリーまでね」というルールを作ったり、様子を見てあげられていましたが、野放しになると、誘惑に負けてしまうのではないかと心配していました。

周りの友達が、お菓子をたくさん食べるという可能性もあるでしょうし。

 

そこで、「買い食い」などに使っていいお金は、1か月に1000円までということにして、お小遣いを渡すことにしました。

(毎日何かを買うことは、不可能な額です。)

また、「学校で間食した日には、家ではおやつを食べない(または、少なくする)」など、カロリーを取り過ぎないように、子供と相談したり。

 

でも、それ程心配する必要は無かったようで、ほとんど間食せずに帰ってきています。

しかも、我慢しているわけでもない様子で。

 

一時期、テスト勉強を一緒にやろうと誘ってくれたお友達と、1週間に2回ぐらい、放課後に勉強していたことがありました。

その時は、休憩がてら、買って食べるおやつを楽しみにしていたようです。

また、たまに機会があった時には、「こういう物を買って食べたらおいしかった」とか、「友達が分けてくれた」などと話してくれて、楽しそうな様子が目に浮かんだり。😋

 

そして残ったお金は、ガチャや、お友達の誕生日プレゼントに使うのが楽しいようです。

カロリーの取りすぎも、お金の無駄遣いも、あまり心配しなくて良い状況になっています。

  

f:id:SpicyChai:20210206181612j:plain

  (original image: Mohamed Hassan)

 

私立中学に通い始めてから、子供の世界は、また少し広がりました。

ひとりで対処できることがぐんと増えて、自信にもつながっているようです。