あてま高原リゾート【ベルナティオ】の夏 (2)期間限定イベント「ジオラマ作り」

f:id:SpicyChai:20180530183107j:plain

前回、ベルナティオの「ポポラ」という施設について書きました。

今回は、その「ポポラ主催のイベント」に参加した様子について、書いていきます。

期間限定のイベントと、季節ごとに行われているイベントがあるのです。

 (ポポラについては、こちら! ↓ )

www.spicy-chai.com

ジオラマ作り

宿泊した時、ちょうど「自然のジオラマ作り」ができる期間でした。

イベント・ポスターや見本のジオラマを見て、娘はすぐに「作ってみたい!」と思ったようです。

前日に申し込み、当日は開催時間前から、作成部屋の外で待っているという、気合の入れようでした。

そうしたら、部屋に入って見ていても良いですよ、と言ってもらえました。

すでに、材料がきれいに準備されていましたから。

おかげ様で、どのフィギュアを使うか、ケースの大きさはどうするかなど、考えながら待っていることができました。

材料選び

「ジオラマを作る!」と決めた時点で、イメージが固まっていた様子の娘。

フィギュア選びに、全く迷いがありませんでした。

参加費には材料が含まれていて、ケースの大きさやフィギュアの数で追加料金がかかったような気がします。

電池を使い、ホタルを光らせるジオラマもありましたが、娘は選びませんでした。

f:id:SpicyChai:20180525183804j:plain

横17センチ、奥行き8センチぐらいのケースにしました。

台の上に置いた物体は、石のように見立てた木。

これを選ぶのに、結構時間をかけていましたが、良いのが見つかってホッとしました。

思いのままに作業

材料を選んだら、「木の粉でできた粘土」を、土に見立てて敷いていきます。

f:id:SpicyChai:20180530172058j:plain

木の根本には、黒い絵の具で影を付けました。

こうすると、立体的に見えるそうです。

粘土の上には、砂やコケのように見える緑色のほわほわ(?)なども散らして、水底の土のようにしていました。

今回、プロのジオラマ作家さんがいらしていたのです。

(「ウルトラマン」映画などのジオラマを作られている方。)

「こういう風にしたい」と相談すると、その先生とポポラのスタッフさんが、「こうしたらいいよ」と教えてくれる、という自由な雰囲気。😊

常に3組ほどが作っていたでしょうか。

ずっと居座ってしまいましたが、混み過ぎることはなく、迷惑がかからなくて良かった・・・

子供の思いのままに作らないと意味がないので、とことん選ばせてもらって、思う存分作業できたので、ありがたかったです。

完成!

 このようになりました。

f:id:SpicyChai:20180530172632j:plain

上から見た様子。(↑)

横から見た様子。(↓)

f:id:SpicyChai:20180530172739j:plain

カエル2匹。

もっとリアルなポーズのカエル・フィギュアもありましたが、どうしてもこれが良かったみたいです。

このカエルたちは、接着剤で固定せず、配置を変えられるようになっています。

 

蓋のおかげで、ずっときれいなまま飾っておけるのが良いですね。

材料は、手に入りやすい物ばかりなので、夏休みの自由研究にもおすすめです!

おまけ

私が作ったジオラマは、こちら!! (↓)

f:id:SpicyChai:20180530183347j:plain

というのは、ウソです。😅

ベルナティオのロビーに、新しく設置されていました!

冬に行ったときには、無かったのですが・・・

もしかして、イベントの先生が作られたのでしょうか?

今度、ベルナティオで聞いてみようと思います。

(全体像! ↓ )

f:id:SpicyChai:20180530183616j:plain

私は、ミニチュアが大好きなので、見飽きません!